おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 05日

お城めぐりin高梁市とか。その3

高梁市川上町から芳井町経由で井原市の高越城址へと行きました。

行った場所は3箇所。
1.高越城址
2.小菅城址
3.永祥寺と一発稲荷
の3本です。

これでお城めぐりin高梁市とか。完結です。



行ってみたかった北条早雲ゆかりの地の高越城址へ。
c0024090_2259525.jpg

近くにある公園から歩いて10分くらいで山頂のところに着きます。

山頂には忠魂碑や北条早雲生誕地の碑が建っていました。
c0024090_2304810.jpg

高越城址でも縄張り図を書いてみましたが、人様に見せれるものでもないです。
なんだかんだで1時間で一の郭だけしか書けなかったので、なんだかなぁ~です。

c0024090_2355974.jpg

説明板によると、備中伊勢氏の伊勢新九郎(後の北条早雲)はこの地で生まれ、
30代で京都伊勢氏の養子に入り、応仁の乱後に駿河の国に移動し、
その後今川家の家督争いなどを治め、伊豆国などを支配し、
関東地方における北条5代100年の支配の基礎をつくったそうです。

城址のあちこちに建つポールの土台には、
北条氏の家紋『三つ鱗』を模した意匠になっていました。
c0024090_23194186.jpg


---------------------
続いて近隣にある城址を決めてもらって、
小菅城址へ移動しました。
c0024090_23231163.jpg


小菅城址は、那須与一ゆかりがあるそうで、説明板によると、
c0024090_2333949.jpg

ここは源平合戦の功績で那須与一が受領した土地のひとつで、
弟が最初にお城を築き、すぐに三男へ城を譲り、その後は代々子孫が治めたそうです。

ここでは縄張り図を書かずに、見学だけになりました。
二の丸のところには、お稲荷さんが祀られていました。
c0024090_23344748.jpg

本丸の真ん中には木の標識が立っているくらいで、
ここがお城なんだということはあまり感じなかったです。
c0024090_23365792.jpg

見る人が見れば、遺構として竪掘があったりするそうですが、
僕にはまだそこまでの能力はありません。

c0024090_23383989.jpg

謎発見。
鳥居のマークっぽいですが、何か意図があるのでしょうか。

---------------------
高越城址から小菅城址へ行く途中に、
『一発稲荷』という看板があったので、
縁起も良さそうだし立ち寄ってみることにしました。
c0024090_23414251.jpg

永祥寺の境内にあるようです。
ここも那須与一の菩提寺とゆかりがあるようです。

『一発稲荷』の説明書きによると、
c0024090_23495256.jpg

正式名称が袖神稲荷神社というそうで、
御神体は那須与一と、屋島合戦で扇を射抜く際に引きちぎった片袖ということです。
そのため、扇を一発で射抜いたという伝承が、
受験の合格や就職、結婚などの願いが叶うと信仰されているようです。
なんとも有りがたい神社です。
c0024090_23513484.jpg


絵馬も扇を射抜いた那須与一が描かれていて、
c0024090_23535059.jpg

みなさんのお願いもやはり、受験合格祈願が多かったです。
絵馬、お守りは井原駅改札や近所のお宅でも販売しているそうです。

お寺からは、小菅城が見えました。
c0024090_23565338.jpg


---------------------
以上で新年早々お城めぐりは無事終えました。
今年も個人的に興味のあるお城にはちょこちょこと行きます。
[PR]

by okayamaudon | 2009-01-05 22:33 | 出来事とか


<< うどんネタ2つ。      ボーイスカウトと牛神社。 >>