2005年 05月 06日

兵庫県龍野市に行ってみた

親の実家の近くの龍野市に行ってきました。
龍野市は手延べ素麺「揖保乃糸」や醤油「ヒガシマル」なんかがあります。

「揖保乃糸」は揖保川流域周辺だけで作られたもので,兵庫県手延素麺協同組合ってところで品質管理をした後に出荷しています。シャンパーニュ地方のスパークリングワインみたいなもんだと。

手延べ素麺を作っているから手延べうどんも作ってるはずと推測はしていました。
また,岡山うどん探検をしていて出会った情報も少なからずあります。

倉敷市「なかよし」の店先に設置してあった「播州うどん」の幟と,アポ無しで工場を訪ねてしまった柵原町「美作そうめん山本」でいろいろと手延べ素麺について教わったなかに,「龍野でも確かうどんがあるはず。」という情報。

今回,親戚のおばちゃんの助けを借りてついに疑問が解消しました。

まず普通に手延べうどんがあるか聞いてみたところ,「いつもカネス製麺の製麺工場に行ってうどんも買ってる。」と簡単に答えが見つかりました。
ただGW真っ盛りのこの日はさすがに工場は開いてないだろうからと,揖保乃糸資料館「そうめんの里」へ連れて行ってもらうことに。

「そうめんの里」は実際にビヨ~ンとさばける実演コーナーや,機械でどんどん棒に巻き付けていく掛巻工程をガラス越しで見れたり,試食コーナー,素麺をはじめ地域の特産品の販売所もありました。

有料の展示場は時間が無くて入らずじまいです。
食事処「庵」ってところのメニューも素麺がメインで,冷やし中華風やシーフードスパみたいな興味惹かれるものがありましたが,これまた都合により探検せず。

近くに最近新しくなった素麺神社も見えましたが,これも無し。

次回は製麺工場でうどんを買い,そうめんの里を見学し,素麺神社に参る。ついでに龍野醤油資料館でうすくち醤油の勉強というコースで探検しようかなぁと。カメラも持って。

おばぁちゃんから「昔この集落でもたくさんの家で手延べ素麺を作っていたが,機械化が進むにつれてどんどんと辞めていった。」といった昔話も聞けました。

お土産に「揖保乃糸の黒帯」というやつを頂いて帰りました。
等級がいろいろと定められているそうです。シャンパンのUltra BrutとかExtra Secみたいなもんだと。

揖保乃糸も面白そうです。

今日の「サッカー日本代表チームチップス」016 MF 小野 伸二
[PR]

by okayamaudon | 2005-05-06 00:00 | 県外探検記


<< 久米の里でZガンダムを見る      京都ふたたび >>