おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 23日

早島町歴史民俗資料館

早島町歴史民俗資料館に行ってきました。
c0024090_130576.jpg

向かいの公民館で鍵を開けてもらうと入館できます。

農耕具の展示もありますが,早島町の特徴の一つ「イ草」に関することがメインの日本で唯一のイ草資料館ということで,花ござの織機や花ござがたくさんあります。

ここに来るまでは花ござなんてどれもこれも一緒だと思ってましたが,いろいろな織り方がありなかなか奥深いものです。
磯崎眠亀が考案した『錦莞莚』というものが,花莚(花ござ)の大きなターニングポイントになったそうです。あんまり理解はしていませんが…。

公民館の方から悲しいお知らせがありました。
ミレニアムで浮かれていた2000年には早島町のい草栽培面積はゼロになり,い草栽培の歴史に幕をおろしたと…。

ただ「早島ゆどころ保存会」というボランティアの団体さん達が,すぐ近くで少しだけイ草を栽培し,隣接している「早島町花ござ手織り伝承館」で毎週火曜・金曜の午後から手織りの実演をしているそうです。

★ お気に入り ★
1.各地方の畳表について
岡山県産の畳表をはじめ,最高級品と呼ばれる広島備後地方の「備後表」や,生産量ナンバー1の熊本地方の畳表などが並んで展示してあります。
解説文を読みながらだと違いが分かるような気がします…。

2.資料館の建物
かまぼこのような形の特徴ある建物に石が貼られた壁面とそれをつたう蔦の緑色が更にいい雰囲気を醸しだしています。
里庄町となんか同じ様な感じがしたので調べてみたら,共に同じ「矢吹昭良建築設計事務所」の設計だそうです。
資料館などの建築についての本『建築設計資料(5) 地方博物館・資料館』というのがあるのを知りました。

早島町歴史民俗資料館
住:都窪郡早島町大字前潟237
営:9:00~17:00
休:12/28~1/4
料:無料
サ:http://www.town.hayashima.okayama.jp/townoffice/kyoiku/minzoku/minzoku.html
[PR]

by okayamaudon | 2005-06-23 01:59 | 岡山探検記


<< 倉敷市立磯崎眠亀記念館      米と酒の館 >>