おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 18日

坂根城(物理城)に行ってみた。

明石氏ゆかりの史跡に行ってみよう企画の第一弾。

今回は岡山市東区瀬戸町内にある
『坂根城(物理城)』
『保木城』
へ行ってみた。

メンバーは4人で、
そのうち中世の山城が初めてのメンバーが1人。

まずは『坂根城(物理城)』。
備前明石氏の最初に拠ったお城だそうな。

城跡には『物理城跡』の石碑が建ってる。
c0024090_2302287.jpg

遺構とかはあるらしいけど、
木々が生い茂ってるのでよく分からない。
それっぽいけど城跡レベルが未熟なので判断できないし。

石碑のある曲輪がこんな感じ。
c0024090_23252137.jpg

結構ごちゃごちゃ。

景色はあんまり良くない…。

-----

登り方。

サイトの『落穂ひろい』を参考にしました。
http://homepage2.nifty.com/OTIBO_PAGE/oshiro/bizen/iwanashi/modoroi2006.htm

近くで地元の方に車を停めれる場所を聞いて、
道が無いから登れないという話も聞いて、
イノシシの罠があちこちにあることも聞いて、
まずは坂根集落の奥にある番神堂から。

c0024090_23132577.jpg

番神堂の脇を通りすぎて、

c0024090_2314345.jpg

お墓の脇を通りすぎて、

c0024090_2315014.jpg

分かれ道っぽいところを右手に。
真っ直ぐ行くと畑の跡ぽくて行き止まり。

c0024090_23163486.jpg

竹林を進んでいって、左手(東)に。

(今書いててせっかく参考にした登り方と違うことに気がつく…。)

c0024090_23202350.jpg

すぐに谷川があるので越えて、

あとはひたすら尾根を登ってく。

c0024090_23221836.jpg


道っぽいのがあるのはあるけど、
倒木とかでふさがれてるし、
トゲトゲの木とかもある。
進んでは止まっての繰り返しがシンドイ。

でも、尾根を登っていけばいいので
案外迷わないし、
ちょこっと整備すればすぐに登山道になりそうな感じ。

稜線まで出てきたら右手(西)に高い所があるので、そっちに。
なんか門があるらしいけど…。それっぽいのがあるので通る。

c0024090_23345415.jpg

看板が落ちてるので、立ち止まって周囲を見渡すと、
石碑発見。


-----

帰りは迷った…。

来た道を戻って、稜線に出てきた場所に気が付かず進むと、
c0024090_23373140.jpg

広くて真っ直ぐな所があった。

縦走されてる方もいるみたいなので、
東西は歩きやすいのかもしれない。


降りるところを間違って、
なんだか広い場所があって、
谷間に来たら進めなくて、
よじ登って尾根に出た。

尾根に出る時に倒木が積み重なってたので、
整備して谷間に落としてたのかもしれない。

まぁなんとか無事に下山できた。

今回の所要時間は、
登りは、番神堂から石碑まで1時間10分くらい。
下りも、石碑から番神堂まで1時間10分くらい。

今回初めて中世の山城に登ったメンバーには、
なんだか申し訳ないなぁと思った…。
そんなお城。


お昼ご飯を食べて、保木城に行ってみた。


-----



お城に登る前に寄った所。

おさふねサービスエリアで待ち合わせしたので、
c0024090_23523034.jpg


c0024090_23525210.jpg


c0024090_2353625.jpg


下津井軽便鉄道の静態保存車両。


ついでに、
『宇喜多直家生母の墓』
にも寄ってみた。

c0024090_23554924.jpg

白色。

その後、
赤磐市郷土資料館でも合流。
[PR]

by okayamaudon | 2013-12-18 23:59 | 出来事とか


<< 保木城に行ってみた。      ガイナーレ鳥取vsカマタマーレ... >>