2014年 01月 11日

備前常山城に行ってみた。

土砂崩れの影響で車で山頂付近の駐車場に行けないので、
なかなか行く機会も無かったですが、
誘われたので登ってみた。

-----

まずは登山道の入口付近に駐車して出発。

ちなみに自動車道には『全面通行止』の看板。
c0024090_22552077.jpg


登山道入口にはイノシシ柵のゲートがあります。
c0024090_22563084.jpg

道中にはあちこちイノシシが掘り返してる場所がありました。

さっそくゲートを過ぎて左手側に『何か』を発見。
c0024090_2301386.jpg

何かの建造物の跡。
水を溜めてたっぽい。
気になるけど…。

基本的に一本道。
ところどころに人工的な平坦地があるので、
曲輪っぽくみえますが、本当かどうかさっぱり分かりません。

常山は今ではアンテナが建ってるだけの山っぽいですが、
大正の頃には大規模に観光地化されているので、
遺構があっても実際中世のものなのか、近代の改修なのか分かりません。

登山道には敷石がされている箇所が多々ありました。
c0024090_2371237.jpg

敷石が剥がれていても周囲にはその名残の石が転がってるので、
全面舗装していたのかも。

八十八か所霊場もありました。
c0024090_23122867.jpg

登山道からだと逆に巡っていくようです。

不思議な空間もありました。
c0024090_23133377.jpg

モミジの葉っぱが落ちていて、他とは違うので探索してみたところ、
竹で埋まってる比較的広い場所がありました。
周囲を石積しているようにも見えましたが、
あまりにも竹が多くてなんとも…。

他にも同じような空間が多々ありました。
c0024090_2317328.jpg


灘崎文化センター内にある岡山市灘崎歴史文化資料館には、
大正時代の観光絵図が展示してあります。

その絵図を見ると、登山道の途中に何かしらの建物が記載されているので、
たぶんこの建物があった場所なのかと。
観光絵図をもとに常山を登ってみると面白そうな気がします。

絵図には人力車で山頂を目指していたり、
現在の駐車場の付近にもお店があったり、
女軍の碑も大正時代に建立されてるし、
当時はなかなかのレジャースポットだったのかなぁと。


-----

そうこうしてるうちに、『底無井戸』に到着。
c0024090_23401434.jpg

車で来てた頃に何度か訪れたこともあり、
ようやく頂上に近づいた気がしました。

屋根が落ちてる…。
c0024090_23554864.jpg

井戸は一度汚れると再びきれいにするのは大変らしいので、
今後の行方が気になります。

せっかくなので、分岐を右手側に進んで自動車道の方に行ってみる。
c0024090_082972.jpg

下り方向。
c0024090_09545.jpg

道路がだんだんと自然に帰りつつある。

で、戻って登山道をさらに進んで行きます。

-----
『惣門二の丸』に到着。
c0024090_0101273.jpg

石仏が並んでいます。
ここのは西国三十三ヶ所っぽいです。

左手側の草むらの中に一本道があるので進んでいくと、
『惣門丸』に到着。
ちなみに草むらの中はイノシシが掘り返してる跡がたくさん。
今回はイノシシに出会わなかったですが、もし出てきたら…。

『惣門丸』からは良い景色が眺められます。
c0024090_0223533.jpg

八浜城の方向。

『惣門丸』には石積があります。
c0024090_0242421.jpg

結構立派な石積。
見るには一旦曲輪から降りないといけないのと、
降りて鑑賞する道ってのは無いので、頑張るしかないです。

『惣門丸』には土塁もあるみたいですが、
存在を気にしてなかったので次回に。

で、元来た道を戻る。
c0024090_029947.jpg

山頂のアンテナが見えた。

『惣門丸二の丸』は特になにもないようなので、
どんどん登山道を登って進みます。

途中『矢竹二の丸』があって、
広めの場所『矢竹丸』に到着。
c0024090_0352342.jpg

西国第15番霊場、西国第14番霊場と建立者が興除村、藤田村って刻んでる。
c0024090_0353675.jpg

大正13年建立とのこと。

さらに進んで、トイレのある曲輪『兵庫丸』に到着。
c0024090_0431546.jpg

ここにも石積があるので脇にある道を一旦降ります。

c0024090_054840.jpg

ここも立派な石積。

ちょうど角っこのところが壊れてる。
c0024090_1124165.jpg

c0024090_1115832.jpg

竹がベストポジションに…。

戻って『兵庫丸』。
c0024090_1143664.jpg

トイレはキレイじゃないです。ドアが壊れてるし。

ここの石仏のところから石積が奥の方に続いています。
c0024090_115312.jpg

前来た時は薮だらけだったので、
あまり良く見えませんでしたが、
石積の脇を歩いて進むことが出来ます。
c0024090_1161757.jpg


この石積のある曲輪が『本丸』。
c0024090_117485.jpg

ようやく到着。

のんびり登りながら、
あれこれ撮影しながら、
所要時間は約2時間ほどでした。

『三角点』。
c0024090_1211048.jpg

標高307.2メートル。
比高260メートルくらい。

『切腹岩』。
c0024090_1203482.jpg


展望台からの景色も良いです。
『栂尾丸』のアンテナもよく見えます。
c0024090_1451557.jpg


ここで変なの発見。
c0024090_1474335.jpg

ソーラーパネルとアンテナが付いてる鳥の巣箱。
怪しい…。

-----

『栂尾丸』に向かって移動。

まずは女軍の墓がある『北二の丸』に。
c0024090_215245.jpg

c0024090_232632.jpg

特に変わりなく。
鶴姫の供養塔の裏には『梢前』って刻んでる。

『北三の丸』にあるトイレは『兵庫丸』のところに比べれば随分とキレイ。
c0024090_244447.jpg

それでもまぁどっちもどっちだと。
ピンチに陥らないためにも、
きちんと用を済ませてから登るほうが身のためだと思います。

『天神丸』はさらっと通り過ぎました。
c0024090_28176.jpg


『青木丸』のところって昔アンテナがあったような気がするけど、
いつの間にか無くなってた。

駐車場のところの『栂尾二の丸』に到着。
c0024090_2102891.jpg

曲輪の名称とかはこの説明板をもとに、
このブログは書いています。

『青木丸』の石積も見てみました。
c0024090_2123028.jpg

常山城はあっちこっちに石積があるので結構面白い。

駐車場からの『栂尾丸』。
c0024090_2141969.jpg

今後自動車で来ることが出来るんじゃろうか…。
アンテナを管理する人たちは大変なんだろうなぁと。

『栂尾丸』にも石積があります。
c0024090_216423.jpg

ありがたいことに草が刈り込まれているので、
楽々見ることが出来ました。

昔山頂で出会った方がオススメしてくれた岡山平野がよく見える場所が、
『栂尾丸』のNTTのアンテナの方に向かって進んで、
右手側に石仏があるのでその脇を通って金網の側をグルっと行った先に。
c0024090_2311214.jpg

見える風景のほとんどが、昔は海だったそうな。

-----

常山城探検終了。
駐車場のところから『底無井戸』を経由して下山。
30分もかからなかった。

-----

まだまだ常山探検が続きます。
次の目的地は土砂崩れの現地を見に行ってみることに。

登山道から自動車道をどんどん進むとバリケードがしてあります。
c0024090_240501.jpg

ここから先は車では進めません。
ここで方向転換出来るけど、車で来るほどでもないかと。

イノシシが遊んでる木があった。
c0024090_2445879.jpg

あちこちイノシシ…。

どんどん進んでいくと、NTTの基地局もあったりと、
c0024090_2461489.jpg

車が走ってる跡はあるけれど、
徒歩で行けない距離でもないので無理せずに。

c0024090_248427.jpg

バリケードのところから30分かからないくらいで到着。
ずいぶんと大きな崩落です。
c0024090_2504133.jpg

さすがに車どころか二輪車でも無理。

よく見ると崖に綱が張ってあって、
向こうに渡れるようになってます。
c0024090_2522940.jpg

たしかに人が歩いているような痕跡もありました。
c0024090_2531479.jpg

でも足場が悪すぎて滑り落ちそうです。
さすがにこの道はオススメできません。

-----

常山の山頂まではきちんと登山道もあるので、
無理して自動車道から登るのは止めた方が良さそうです。
螺旋状に登る自動車道よりも、
登山道からの方が所要時間も短いし。

-----
-----
[PR]

by okayamaudon | 2014-01-11 23:59 | 城跡


<< 雉の神社へ初詣2015。      保木城に行ってみた。 >>