2005年 07月 05日

ももっちグッズ その15 ピンバッチ 岡山県版

今回紹介するローきゃらも『ももっち』です。
『ピンバッチ 岡山県版』
c0024090_23213960.jpg

倉敷市実行委員会バージョンとの違いは,ももっちの足元に「KURASHIKI」と書いてあるかないかです。
この違いで,ちょっと岡山県バージョンの方が小さく貧相に見えます。

このピンバッチは,5月22日(日)「輝いて!おかやま大会」リハーサル大会にあわせてボーイスカウトのスカウトフェスタを実施した際の参加賞として入手しました。
もともとは「ボーイスカウトはおかやま大会に協力するので,100円で購入しましょう。」ということでしたが,予算の都合がつきボーイスカウト岡山連盟全員で両大会を盛り上げましょうということで参加者全員に配布することになりました。ありがたいことです。

かつてこのピンバッチについて,どうにも納得できないことがありました……。

岡山県職員の方から,ピンバッチは500円の寄付で手に入りますと言われ,500円での販売とどう違うのかと質問したところ,「寄付は寄付なので販売とは違います。」と返事がありどうしても僕には理解が出来ませんでした。

寄付は善意から発生するもので,寄付金をただ稼ぐためにするのは寄付じゃないと。
寄付したらピンバッチがもらえたのと,ピンバッチが欲しいから寄付するとの目的の違い。

あくまで僕はピンバッチ入手が目的のためなので,善意でもなんでもないお金を払ってピンバッチを「買う」ということは,両大会に善意で寄付をしていた方々に申し訳ないと思い,このときは諦めました。

そのやり取りから約1年。ボーイスカウト岡山連盟から100円で購入しませんかという書類が届き,販売ならば購入してもいいかなぁと思いましたが,この「100円」という価格がボーイスカウトだからこの価格になったのであれば,ボーイスカウトではないピンバッチが欲しい人に対して,公平性がないのではと悩んでいました。

その後偶然,道の駅みやま公園でこのピンバッチが100円で販売されているところを見て,ボーイスカウトだからではなく,欲しい人全員が同じ価格で購入できるのだと安心しました。

知り合いの県職員の方が「500円を寄付して入手したのに,100円で販売するのはおかしい。」と言う話を聞きましたが,「何のために寄付をしたのか」を改めて考えて欲しいと思います。


まぁどうにも公務員の本音と建前がむかつくので,
どうでもいいような面倒なことをしていました(^^;
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-05 23:20 | ローきゃら


<< 第27回倉敷市こどもまつり実行...      セルフうどん かめや >>