おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 15日

がんこ亭_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その4

『がんこ亭篇』
食べたラーメン:ざる(つけ麺)

何のイベントもなくお店に到着。
ブログのネタで困ってるのに,こんなに順調な道のりでは意味ないです。
正直味がどうとかお店の雰囲気がどうだったとかなんてどうでもいいのに…。

ってことはお店の中でネタを探さないと。

このお店はテンペを使った『テンペラーメン』が特徴だそうです。
テンペをあんまり良く知らないので,JA岡山のサイトを読んでみると,
テンペは、煮た大豆をハイビスカスなどの葉の表面に付着しているテンペ菌(クモノスカビ)で発酵させたインドネシアの伝統的無塩発酵食品です。形は、大豆一粒一粒が白い菌糸で固まったケーキ状のもので、ほんのり甘いクリにも似た風味で「大豆のカマンベール チーズ」と呼ばれています。

納豆の糸が無いバージョンといった感じでしょうか。実物を見たことも食べたこともないのでいまひとつピンときません。

メニューを一通り眺めて,店員さんに『ざる(つけ麺) 大盛り』を注文。
なぜつけ麺なのか自分にも分かりません(^^;
今ココに文を書き込んで,改めてそのときの状況を思い出していますが,自分自身の行動の意味が理解できません。
「つい魔がさした。」といった感じでしょうか。人間は自分の考えを超えた意識によって行動が左右されているのかもしれません。まぁどうでもいいけど…。

店員さんの運んできたつけ麺を見てびっくり。
大盛りというよりも山盛り。ちょっと多過ぎじゃろっと後悔しました。

つけ出汁にはワサビとネギにゴマといった薬味でざるうどんみたいな感じです。
出汁は冷やし中華にかかってるようなモノであんまり感動はなかったです。
食べるのが面倒な冷やし中華です。

テンペラーメンについて,テーブルの上にあったチラシにいろいろと紹介がしてありました。結構奥が深そうです。テンペラーメンを注文した方が楽しめたのかもしれません。
チラシに書いてある岡山県製麺業協同組合をうどんにも関係ありそうなんでメモ。
テンペラーメンのお持ち帰りは420円。

c0024090_21445097.jpg

食べ終わって気付きました。意味無し。


がんこ亭
住:岡山市妹尾2353-1
営:11:00~21:00
休:第3月曜
サ: http://www.soja-mengyo.com/←総社麺業
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-15 21:37 | 拉麺探検記


<< 『龍野探検記2』 その1      ラーメン大統領 東連島店 >>