2005年 07月 18日

『龍野探検記2』 その2 揖保乃糸資料館そうめんの里

前回からの続き…
『龍野探検記2』 その2 揖保乃糸資料館「そうめんの里」篇

一度立ち寄ったこともあるので揖保乃糸資料館「そうめんの里」迷わずに到着。

まずは1Fの探検。試食コーナーで素麺を食べます。「自動素麺茹で機」で麺を茹でていました。自動素麺茹で機の正式名称は分かりませんが,ザル部分に麺を入れてセットすれば,あとはタイマー制御で時間が経つとブザーで知らせてくれる優れもの。冷凍麺も茹でることが出来るようです。

カウンターで素麺を受け取り,脇にあるセルフのお店でよく見かけるウォーターサーバーみたいな機械でダシを入れて出来上がりです。

何度もお変わりする勇気は僕にはありません(^^;
そのままお土産のコーナーに進みます。

揖保乃糸をはじめ,手延べうどんや冷麦,そうめん出汁や醤油など特産品が揃っていました。
小物入れにも使えそうな揖保乃糸のひねミニ木箱(14束入り)がかわいく一番のお気に入りです。お土産には最適だと思います。
本当は揖保乃糸の暖簾など揖保乃糸グッズが欲しかったのですが,何にもなく残念。
暖簾の発売を希望します。

製造室には誰もいなかったので,今回は掛巻作業を見れず。
レストラン庵での食事は昼食を食べたばかりだったので無し。


続いて2Fの「そうめんの里 資料館」に進みます。その前に受付で大人300円を支払います。
さばきが体験できるコーナーがあったり,リアルな人形が並んでいたり,素麺の歴史についての
ムービーがあったりと,手延そうめんについてのことを学べます。

同じ内容の展示物が多いのがちょっと気になります。
さっきも見たがって感じです。

加工場では今はシーズンが違うせいか,動いているのかどうか分からない程の暇ぶりでした。その横にある熟成倉庫では,ひね木箱がめちゃくちゃ並んで熟成されているのが見れます。

で,終了。1Fに降りていきます。

「そうめんの里 資料館」の内容で300円を払うのはちょっと高い気がしますが,試食コーナー等も全部ひっくるめて300円ってところでしょうか。

続いて素麺神社に向かいます。
つづく……
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-18 23:52 | 県外探検記


<< とんぺい_『おかやまラーメンキ...      本陣房_『おかやまラーメンキン... >>