2005年 09月 03日

玉島であちこち

饂飩探検ついでに玉島を散歩。

1.日陰で涼んでるアヒル
c0024090_23572659.jpg

玉島図書館南の溜川に浮き橋が架かっているので渡ってみると,アヒルが日陰で涼んでいました。水辺にいても暑いものは暑いようです。

溜川はホテイアオイと一緒にゴミが浮かんでいました。玉島は水の街なのにいつも川が汚いのがもったいないです。

2.羽黒神社
c0024090_054396.jpg

玉島の街の中心に位置する神社。ここから玉島干拓の歴史が始まったとのこと。

小さい頃にこの神社に行ったとき,おみくじを引いたら英語が書いてあり,あまりにも意外で衝撃的だったことを憶えています。

3.西爽亭の庭と茶室
c0024090_0185029.jpg

受付の方に説明を受けながら案内をしていただきました。何にも分からないので大変助かりました。ありがとうございました。

西爽亭は備中高梁藩の藩主が宿泊していたところです。玉島は備中高梁藩の飛地。
トイレやお風呂場なんかもあります。

維新史跡としては藩老「熊田恰(あたか)」自刃の部屋があり,天井の白いところはその時に飛び散った血を拭いた跡だそうです。熊田恰って人を知りませんでしたが,家臣150余名の命と玉島の街を戦火から守った人です。

同志社大学の新島襄が玉島に来ていたときに,ここのお風呂を借りてたそうです。
西爽亭のお風呂か,主屋の方か分からないとのことですが,受付の方曰く,殿様でもないので主屋の方でしょうと。

隣の生涯学習施設は主屋を改修して,会議・集会室になっています。昔の梁や柱を使っているので,単なるコンクリートでの集会室よりも気持ちよい感じがします。

4.ヘンな遊具
c0024090_0471178.jpg

港小橋の脇にある公園に,自転車っぽい遊具を発見。
どのように遊ぶのか分からないので,実際に乗ってみようと思いましたが,恥ずかしいので終了。ペダルを漕ぐと回転するのかもしれません。

-----------------------------------------
玉島をちょこっと散歩してみて思ったのは,古い建物がいっぱいあるし,長い歴史があるなぁと。
ある時期から歴史が留まってしまってる感もありますが,このままを生かしつつ,倉敷美観地区には無い魅力をもっと前面に押し出してほしいです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-03 00:54 | 岡山探検記


<< ももっちグッズ その19 もも...      備中麺処はやし@玉島 >>