2005年 12月 29日

岡山市御津町 その2 妙覚寺 

金川城跡探検に続いて,遊歩道入口付近にあった妙覚寺に行ってみました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 72頁--
c0024090_21234110.jpg

日蓮宗不受不施派の本山。
江戸時代,徳川幕府は不受不施派に対し弾圧を加え廃寺となったが,明治9年(1876)日正聖人により再興。

【難波抱節宅跡】
c0024090_2131554.jpg
難波抱節は幕末の医者で,産科・種痘の先覚者。この場所に思誠堂塾を開く。また嘉永3年(1850)岡山市足守で緒方洪庵に牛痘種法を学び,種痘を施す。安政5年(1958)日本でコレラが大流行し,診療に奔走するも,翌安政6年にコレラに感染し亡くなる。

【梵鐘】
c0024090_21575219.jpg
岡山県重要文化財
説明版によると,
天正十年高松城水攻めに使用され,その後ながく土中に埋まる。のち明治三十八年妙覚寺の有となり県下三鍾の一に数えられる
県下三鐘の残り2つがどこにあるのか気になります。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-29 22:03 | 岡山探検記


<< 岡山市御津町 その3 七曲神社      岡山市御津町 その1 金川城跡 >>