カテゴリ:拉麺探検記( 63 )


2005年 07月 19日

とんぺい_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その6

『とんぺい篇』
食べたラーメン:激辛ラーメン 750円

そるさんと一緒に岡山拉麺探検です。

目指すお店は金光町『味亭三馬力』。
が,麺切れかなんかで早めの閉店。先が思いやられるスタート。

つづいて目指すお店笠岡市『大連』。
が,店内に電気も点いておらず,まさかの閉店。

次は近くで『ママキッチン 味々亭』。
が,閉店時間が想像より早く閉店していました。

こんな日に限って『おかやまラーメンキング3』を持ってきていない。
どないせぇっちゅうねん!
協議の結果,過去に行ったお店『とんぺい』に行くことにします。
かれこれ5年くらい前に行ったので,まぁ有りと…。

道中,笠岡IC付近にはバスケットボールももっちがウジャウジャ。

『とんぺい』無事到着!しかも営業中!
このときばかりは神に感謝です。

いろいろとラーメンがあるなか,激辛ラーメンを注文。
c0024090_2359438.jpg


唐辛子も浮いてるし,名前通り辛いです。
ただ単に辛いだけじゃなくて,美味しいかったです。
まぁ辛いのが一番に出てくるので,なにがどのようにってことは分かりません(^^;

とんぺい
住:笠岡市古平井215-1
営:11:00~21:00 日祝は20:00
休:木曜(祝日は営業)
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-19 23:59 | 拉麺探検記
2005年 07月 17日

本陣房_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その5

『本陣房篇』
食べたラーメン:うま辛麺 600円

何度もお店の前は通ったことがありながら行くこともなく,今回「おかやまラーメンキング3」のおかげで行ってみようと思ったお店です。

各テーブルにメニューが置いてないようで,待つ間に席の横の壁に貼ってあった「うま辛麺」の説明文を読んでコレにしようと決定。

説明文には,唐辛子が練りこんである麺で,コチュ醤がどうのこうので,一日●食限定,とかなんとか。写真も撮り忘れているくらいなので,個々らへんの細かいことも覚えてないです。

小学生ぐらいの娘さん(?)が注文を取りにきたので,「うま辛麺」を注文。

夕食のセットが1000円でいろいろと選べるようですが,ちょっと1000円と面と向かって言われると高いなぁとおもいます。

麺は唐辛子が練りこんであるようでほんのりと赤く,ちょっと食欲が減です。日ごろ出会うことのない色の麺にちょっと腰が引けます。
トッピングはゆで卵にモヤシ,チャーシュー,メンマ,ネギといったところです。で,器の真ん中にコチュ醤が乗っかっています。
そして,コチュ醤だけが入った小皿もついてくるので,自分で辛さを調整できます。

味は何よりも辛さを優先しているわけでもなく,麺も赤いからといって別段凄いわけでもなく,あんまり驚きがなかったです。

こんなもんではものたりないぞっとコチュ醤を調子にのって入れすぎてしまい3倍以上の辛さに…。「シャ…シャアだ… 赤い彗星だ!」「…に、逃げろ」
若さゆえの過ちでした。

会計の時も小学生ぐらいの娘さん(?)がレジをうまく使いこなしていました。


本陣房
住:倉敷市二子26-1
営:11:00~21:00
休:無休
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-17 21:40 | 拉麺探検記
2005年 07月 15日

がんこ亭_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その4

『がんこ亭篇』
食べたラーメン:ざる(つけ麺)

何のイベントもなくお店に到着。
ブログのネタで困ってるのに,こんなに順調な道のりでは意味ないです。
正直味がどうとかお店の雰囲気がどうだったとかなんてどうでもいいのに…。

ってことはお店の中でネタを探さないと。

このお店はテンペを使った『テンペラーメン』が特徴だそうです。
テンペをあんまり良く知らないので,JA岡山のサイトを読んでみると,
テンペは、煮た大豆をハイビスカスなどの葉の表面に付着しているテンペ菌(クモノスカビ)で発酵させたインドネシアの伝統的無塩発酵食品です。形は、大豆一粒一粒が白い菌糸で固まったケーキ状のもので、ほんのり甘いクリにも似た風味で「大豆のカマンベール チーズ」と呼ばれています。

納豆の糸が無いバージョンといった感じでしょうか。実物を見たことも食べたこともないのでいまひとつピンときません。

メニューを一通り眺めて,店員さんに『ざる(つけ麺) 大盛り』を注文。
なぜつけ麺なのか自分にも分かりません(^^;
今ココに文を書き込んで,改めてそのときの状況を思い出していますが,自分自身の行動の意味が理解できません。
「つい魔がさした。」といった感じでしょうか。人間は自分の考えを超えた意識によって行動が左右されているのかもしれません。まぁどうでもいいけど…。

店員さんの運んできたつけ麺を見てびっくり。
大盛りというよりも山盛り。ちょっと多過ぎじゃろっと後悔しました。

つけ出汁にはワサビとネギにゴマといった薬味でざるうどんみたいな感じです。
出汁は冷やし中華にかかってるようなモノであんまり感動はなかったです。
食べるのが面倒な冷やし中華です。

テンペラーメンについて,テーブルの上にあったチラシにいろいろと紹介がしてありました。結構奥が深そうです。テンペラーメンを注文した方が楽しめたのかもしれません。
チラシに書いてある岡山県製麺業協同組合をうどんにも関係ありそうなんでメモ。
テンペラーメンのお持ち帰りは420円。

c0024090_21445097.jpg

食べ終わって気付きました。意味無し。


がんこ亭
住:岡山市妹尾2353-1
営:11:00~21:00
休:第3月曜
サ: http://www.soja-mengyo.com/←総社麺業
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-15 21:37 | 拉麺探検記
2005年 07月 12日

ラーメン大統領 東連島店

『ラーメン大統領 東連島店』
食べたラーメン:ラーメン

友人から誘われてラーメン大統領に。
なにもラーメン大統領に行かんでもいいんじゃないかと説得しても,行かなければならないのだと押し切られました。

さしてコレといったこともなく…。
ネギを全部使うこともなく…。

にんにくとうがらしを調子にのって入れすぎてピンチに陥ったことぐらい…。

まぁそんなもんです。

ラーメン大統領 東連島店
住:倉敷市連島町連島452-1
営:11:00~22:00
休:
サ: http://www.daitohryou.co.jp/
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-12 23:52 | 拉麺探検記
2005年 07月 02日

白牡丹_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その3

この記事はうどん★大作戦にトラックバックしてます。

『白牡丹篇』

『おかやまラーメンキング3』の倉敷市周辺を読んでいて営業時間が結構厳しいのでいけるかどうか不安でしたが,うどん侍さんがFMくらしきに出演するという事で,いい機会じゃしと一緒に探検してきました。

営業時間が11:00からと載っていましたが,まだまだ準備中らしく目安の開始時間を教えていただいて,待ち時間を天満屋で潰す事に。久々に天満屋倉敷店に入りました。かれこれ10年くらいかと。

居酒屋さんなんで店内はラーメン屋さんと違って小じゃれた感じです。もし夜に来ていたらラーメンどころではなく誘惑に負けて飲み続けてしまうところでした。

笠岡系のラーメンという事でしたが,なんだかスープや店内を取り巻く空気の濃さが現地笠岡で食べている時よりもあんまり感じることもなく,街用笠岡ラーメンといった感じでした。

ラーメン以外にもいろいろとメニューがありました。


白牡丹
住:倉敷市阿知2-5-26
営:11:00~14:00 ←11:30~かも知れません。
休:ラーメンは火曜~金曜
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-02 22:30 | 拉麺探検記
2005年 06月 29日

萬福食堂_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その2

『萬福食堂篇』

VOICE21で紹介されて知りましたが,あまりにも概観がぼろっちくて大丈夫なのかなぁと思いながら,勇気が無く幾度と前を通り過ぎてました。

『おかやまラーメンキング3』にも載ってるから行かねばならないと勇気を振り絞り,友達と一緒に探検です。一人では心細すぎます。

概観がレトロな感じですが,店内もそうとうレトロです。常連みたいな人たちがお酒を飲んでて和やかな雰囲気でした。一人で行ったらテンパって記憶が飛んでたと思います。

今回はおごりでの探検だったので,高価なラーメン「特上ラーメン」の大盛を注文。

特上ラーメン大盛が運ばれてきて,まず目を奪われたのが,もやしの山盛。もやし多すぎ。
その下にチャーシューが敷きつめられてます。チャーシュー多すぎ。
麺が見えません。もやしをかきわけ,チャーシューを過ぎてようやく麺にありつけました。

最初はもやしをメインで食べていたのでチャーシューの味が濃いなぁと思いながら食べてましたが,スープや麺を味わっていくにつれて,この味だからこそ美味しいのだと感じました。
こんなに美味しいラーメンを今まで気が付いていなかった自分の愚かさを恨みました。

特上ラーメン大盛700円ですが,このラーメンなら安くて美味しいお得な感じです。
まぁ今回は自分で払ってませんが(^^;

またフラッと行ってみようかと思います。一人で行くにはもったいないので,誰かを誘って…。


萬福食堂
住:倉敷市羽島198
営:11:00~21:00
休:第3水曜
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-06-29 22:32 | 拉麺探検記
2005年 06月 27日

待鳥_『おかやまラーメンキング3』企画便乗 その1

『待鳥篇』

『おかやまラーメンキング3』を読んでて一番気になったお店「待鳥」に行って見ることに。
なんでも「冷やし中華そば」なる冷やし中華とは違った地域限定のラーメンとの事。

矢掛本陣からほど近くにある寿司割烹店が探検先の「待鳥」です。近所に番頭さんがいそうな佇まいを残す醤油屋さんがありました。
この界隈は倉敷美観地区と違い,昔ながらの家々にも生活感があり,雰囲気も残ってて歩いていて楽しいです。

で,本題に。
店内に入りカウンター席に座り,冷やし中華そばを注文。
お寿司屋さんなんかに来ることも無いので,なんだか緊張しました。

冷やし中華そばは,ゆで卵にハム,キュウリ,トマトが乗っていてぱっと見は冷やし中華そのものですが,麺がひたひたに浸かるほどのダシがかかっています。

トマトの上に乗ってるわさびを良く溶いてからお召し上がり下さい。とのことなのではやる気持ちを抑えつつ,溶き溶き。

麺は細くても食べ応えのある麺だし,ダシの方は,冷やし中華みたいに酸っぱいのかなぁと思いましたが,全然そんなこともなくさっぱりとした味で夏向き。
普通の冷やし中華を食べるよりも,こちらの方が暑さにまいってる時に食べたいと思わせます。

新しい発見でした。これは美味しいです。はまりました。

この味を何とか家でも出来ないものかと…。

待鳥
住:小田郡矢掛町矢掛3089
営:11:00~13:00,17:00~23:00
休:日曜
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-06-27 22:56 | 拉麺探検記
2005年 06月 26日

『おかやまラーメンキング3』企画便乗 序章

ラーメンばっかりの岡山うどん探検記。うどんをぜんぜんしとりません。

株式会社エディターズ『おかやまラーメンキング3』を購入しました。
そこで,VOICE21『必食!岡山ラーメン・さぬきうどん』の企画を便乗しておりましたが,次回からは,『おかやまラーメンキング3』企画便乗に変更して,岡山ラーメンをあちこち食べ歩いて行きます。

『おかやまラーメンキング3』掲載店は,203店舗。
そのうちいったことがあるお店は,80店舗。
ってことは,残りのお店が123店舗。

まだまだ半分も探検していないようです。

これから拉麺道を邁進していきます。

うどんはぼちぼちと(^^;
[PR]

by okayamaudon | 2005-06-26 23:29 | 拉麺探検記
2005年 05月 26日

らーめん職人堂

最近ユニクロの近くでオープンしてた「らーめん職人堂」に。

店先にはホーローの看板が飾ってあって昭和っぽさをアピールしてます。
なんかとってつけただけで違和感がめちゃくちゃありましたが…。

入り口はいってすぐのところには大きな釜で野菜がグツグツと煮られています。

カウンター席は個々に仕切りがしてあって,プライバシーが守られます。
ただ,2人で行ってテーブル席が空いてないからカウンターに座ろうとする場合には辛いです。

お品書きには,
 京都 鶏塩ら~めん
 喜多方 特濃しょう油ら~めん
 函館 えび味噌ら~めん
 熊本 コク旨とんこつ
の4つの地域のら~めんが選択できます。岡山青江のラーメン登龍門みたいな感じです。

ここは鶏塩ら~めんを頼まないといかんじゃろうと考えていましたが,岡山饂飩探検記・無色のそるさんが頼んでしまったので仕方がなく,「熊本 コク旨とんこつ」を注文。

なんかあんまり記憶がないので味を思い出せません。
にんにくを潰している時,そるさんの方に向けていて飛び散ったらしく,
「こっち向けずに自分の方でせぇや。」と注意されたことは鮮明です。

ラーメン自体,特徴的なことが全くなかったのかなぁと。

帰りにオープン記念の割引券を頂いて終了。


今日の「サッカー日本代表チームチップス」№029 FW 柳沢 敦
[PR]

by okayamaudon | 2005-05-26 22:25 | 拉麺探検記
2005年 04月 28日

『お多津』篇_VOICE21『必食!岡山ラーメン・さぬきうどん』企画便乗その5

『お多津』篇

「VOICE21必食!…」掲載店の中で一番難易度が高いと思ってた「お多津」にようやく行けました。掲示板をチェックしラーメン日予告を発見しても都合がつかず…。そんな生活も今日で終わり。

で,掲示板によると「香豚醤油ラーメン」とのことです。

入り口からロビーに進み,旅館のカウンターで名前を伝えておきます。店内一杯じゃし,どこでどうすればいいのかちょっと勝手が分からずに緊張しました。
店員さんもカウンターから離れていたりするので,きちんと名前を伝えておいたほうが安全です。

お客さんが多いので結構な時間を待ちます。常連さんも多く来客していて,皆さんこの日を待ちに待ったといった感じです。嫌々待ってるような感じがみられませんでした。
結構な時間待ちます。回転は良くないです。

名前を呼ばれて着席です。相席ですがそんなもん気にもならんし。
お品書きに書いてあるのを見当たらないし,値段も分かりませんが,「ラーメン」を注文します。
結構な時間待ちます。座ったからといって油断は出来ません。なおらーめんは3杯単位で運ばれているように見えます。

店内には大仏のアップのような絵が飾ってありました。怖いです…。
座敷が2つ。テーブル席が2つ。カウンター。あんまり席が無いので待つのもしょうがないです。
あと,ラーメンのみを食べている人とそうでは無い人がいるので回転がよくないようです。
まぁラーメン店じゃないし…。

ようやく運ばれて来ました。
笠岡で良く見かける鋭くとがったネギ,叉焼,煮玉子と海苔がトッピング。

スープの方は鶏がらの笠岡ラーメンって感じでしたが,個人的には醤油の味が濃いのであんまり好きじゃないです。このお店に限らず,なんか笠岡のラーメンってどうも醤油味濃いお店が多い気がします。叉焼は柔らかく,ほんのりと黒い感じの味がありました。美味しかったです。

結構な時間を待ちますが,月に3回のこの日を待つことの方がもっと待つので,しょせん些細なことです。
毎回いろんな味に変身するようなので,機会は逃さずちょこちょこ行ってみようかなぁと。

お多津
住:笠岡市中央町20-4
営:月3回 17:00~21:00
休:
サ:

今日の「サッカー日本代表チームチップス」№013 MF 稲本 潤一
[PR]

by okayamaudon | 2005-04-28 00:32 | 拉麺探検記