カテゴリ:∟備前県民局( 26 )


2005年 07月 22日

ぼっこう@大元

『ぼっこう篇』
食べたうどん:ざるうどん 600円

前回の続きで,ぶんぶく堂で食事を終えた後,この後どうしようかと市中をうろうろしながら「ぼっこう」に行くことに。

夜になったら営業するとは聞いていましたが,いつも閉まってるような感じでなかなか探検できず。今回はうどん侍さんの手引きもあって,ようやく行くことが出来ました。

カウンター席のみでおじさんが一人。
壁に貼ってあるメニューでうどんとそばがあり,イナリ寿司も店内のあちこちに並んでいます。

天ぷらは注文したあとに揚げてくれるそうで,いつでも揚げたて。
それを聞くとイカ天うどん(600円)にしようかなぁと考えましたが,冷たいうどんであっさりと食べたい感じでざるうどんに。

ざるうどん用は一から茹ではじめていましたが,温かいうどんは前もって茹であがったものを出していました。

うどんは,ちょっと硬い感じ。出来るだけ早く提供しないといけない焦りからなのかと。
c0024090_20183921.jpg

半分以上食べ終わった図。焦り過ぎ。

夜のうどん屋さんなので,価格設定が高く,基本は600円。

一番値段の安いうどん:わかめうどん 400円

ぼっこう
住:岡山市大元1丁目12-16
営:不明 日が暮れたら営業?
休:
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-22 20:18 | ∟備前県民局
2005年 07月 07日

千勝

『千勝』
食べたうどん:ぶっかけうどん(冷)

セルフうどんかめや』を食べ終え,メモによると『招福亭』が近所にあるようす。次なる探検地を目指し移動開始。

すぐに発見。近すぎ!いくらなんでも近すぎるので,国道30号線なら何かあるはずとそのまま南に進んでいく。最初に出会ったうどん店『おにぎり茶屋』はやめて,『田舎っぺ』も通り過ぎ,かつて行ったことのある『セルフうどんさざなみ藤田店』,『一善手打うどん店』も過ぎて,玉野市に入ったすぐの『千勝』を探検することに。

国道30号線は香川県高松市までつながってることもあるのかうどん屋さんが多いです。
瀬戸中央自動車道は国道30号線のバイパスっていわれてもピンときません。

うどん・どんぶりの看板を掲げているのになぜか『千勝』はタウンページに載っていないので今まで存在を無視していましたが,運転も面倒になったのでここに決定。

お昼時間をちょっと過ぎたくらいでしたが,他にお客さんは誰一人とおらずだんだんと心配になってきます。あんまり頭も働かなくなってきて,いつも通りぶっかけうどん(冷)を注文。注文というよりも店員さんに聞かれて,口がそう応えたといった感じです。

暇つぶしにメニューを今更ながら目を通してみました。
一番値段の安いうどん:かけうどん 350円。
お店の名前のうどん:千勝うどん 600円 わかめ,肉,餅入り。
他にはどんぶりとのセットがいくつか。
夏季限定のメニュー「冷やしうどん 500円」。いなり寿し又はかやくご飯とのセットで700円。

メニューを見てる限りでは,まさにうどん屋さんです。
探検再開初日にタウンページだけに頼るのは間違いだと学びました。

うどんは表面がツルツルでコシはありました。なんか結構良い感じで最初の心配も単なる取り越し苦労でした。


↓データ無し。安心して緊張感が無くなったままお店を後にしてしまいました。
千勝
住:玉野市
営:
休:
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-07 23:23 | ∟備前県民局
2005年 07月 04日

セルフうどん かめや

『セルフうどん かめや』
食べたうどん:ぶっかけしょうゆうどん 小350円

岡饂探再開一発目に気になっていた『小西年男飲食店』へ。
駐車場が見当たらず,雰囲気も再開1発目にしては敷居が高すぎるので,他のお店に行くことに。

日曜日ということもあり,目星をつけていたお店はほとんどお休みで,岡山市内をあちこちうろうろ。拉麺脳になっていたせいもありうどん屋さんがなかなか見つかりません。

このラーメン屋さんここにあったんじゃと思いながらも岡山市を探検中。
そうこうしているうちに2号線を越え,押さえにメモしていた『セルフうどん かめや』に到着。

車は同じ建物の福富ストアの駐車場に停めておきます。

早めの饂飩探検がいつの間にやらちょうどお昼時になっていたようで,お店の外にもお客さんが溢れていました。こんなに人気のあるうどん屋さんならリハビリに最適です。ワクワクしながらお店の外で待っておきます。

ちらちらと店内をのぞき見て,トッピングとか値段とかをチェック。お客さんが多すぎてうどんの茹で上がりが間に合っていないようで,席についているお客さんもうどんを心待ちにしているようでした。

高価なトッピングは大海老天180円からスタートして穴子天150円,ゲソ天120円と海に住んでる生き物がTOP3を占めていました。大海老とかけうどん1つ玉と同じ値段です。

店内に入ってようやく,冷たいぶっかけしょうゆうどん(大)を注文しましたが,うどんが間に合ってないので大は遠慮して欲しいとのこと。お店の方の申し出だし,ぶっかけしょうゆうどん(小)に変更し会計を済ませて席について待っときます。

壁には香川産地粉を配合し,ダシには利尻昆布と瀬戸内産の煮干を使い,何かと目に付くパイウォーターと2種類の天然塩を使ってると書いてありました。その横には香川産地粉の粉袋も貼っていました。
他にもホーロー看板とか昔っぽいのがいろいろと。

ぶっかけしょうゆうどんには,カイワレとゴマ,天カス,大根おろし,おろしショウガ,唐辛子ネギ味噌といった薬味があり,醤油の小瓶と味の素みたいなのもついて1セットです。
なんか贅沢な感じ。

ちょっとずつ薬味を乗せていっていろんな味を楽しむことも出来そうですが,今回は全部載せて醤油をかけて食べました。
うどんは表面がニュルニュルとしていてコシがありました。

次回の宿題は,
かけうどんには2バージョンがあった気がしましたが,どうも思い出せません。
ぶっかけしょうゆうどんの大の注文。

日曜日を避けてゆっくりとした時間帯に行ってみようと思います。


セルフうどん かめや
住:岡山市福富西1-20-32
営:11:00~天ぷら・スープ終了次第閉店
休:第2・4日曜 ← 他にも定休日があったはず。
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-04 23:59 | ∟備前県民局
2005年 07月 03日

岡山うどん探検記2005 探検開始

今までは拉麺探検記ばかりでしたが,FMくらしき放送後,うどん侍さんと会ってから,岡山県内をうろつきまわってまだまだ行ってないうどん店の探検をすることにしました。

最近うどんをそんなに食べに行かなかったのは,

うどん店の軒数のみを気にしながら,うどんを食べに行ってるのではなくうどん店に行くことが目的じゃないのかなぁと考え始めていたこと。感想も画一的に書いていたこと。
これが一番の理由です。

讃岐うどんブームで既存のうどん店も切磋琢磨しながら,更に美味しいうどんを求めているのかと思ってましたが,そんな感じもなくどうでもいいうどんを出されることの怖さ。
特に茹で上げて随分と経ったうどんを平気で客に出すなんて,本当にうどんを愛してるように思えないし,そんなお店になんて行きたくない。

まぁそんな感じでうどんよりも岡山県主流のラーメンのほうが,ぞくぞくと生まれる新規店での斬新なアイディアや熱心な心意気のほうが,こちらもラーメンを食べていて面白いし,その頑張りにお金を払うことのほうに満足が出来ます。

あとは,ただ単にうどんに飽きてきたこと。

最近の流れから,
FMくらしきで今更って感じがしていた岡山うどんが取り上げられたこと。
うどん侍さんと知り合って,うどんの話をしてうどん自体のことや専門的なことを教えてもらったこと。
知識が増えた分もうちょっとうどんを楽しむ術を自分自身新たになったもあります。

岡山県のうどんを楽しんで探検し,うどんについての知識も深めて,岡山うどんをもっと盛り上げたら,うどん屋さんを始めたい人もやり易いだろうし,美味しいうどん屋さんが増えていくんじゃないかなと。

讃岐うどんブームからの影響ではなくて,地元岡山からのうどんブームによって岡山うどんを確立出来ればいいなぁと,自分自身の漠然ながら目標が持てたこと。
これが岡山うどん探検記の開始理由です。

うどんもラーメンもちょこちょこと探検していきます。


まぁそんな感じ…。
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-03 21:05 | ∟備前県民局
2005年 04月 04日

セルフうどん さざなみ曽根店

食べたうどん:ぶっかけうどん(冷)

2005年3店目のうどん屋さん。1月に1店舗ペースで進んでいます。
しかも新規探検店でもないので簡単にですが…。

冷たいぶっかけうどんを店員さんに注文し,トッピングは“ゲソ天”のみを取ってレジに。
お昼時ちょっと過ぎだったのであんまり惹かれるトッピングはなかったです。

会計を済ませて番号カードを渡され座っていると店員さんが持ってきてくれます。

相変わらず冷たいぶっかけうどんにトッピングを乗せて食べにくい失敗をしました。
が,ここで新発見!
一緒に行ったそるさんからたいへん重要なことを教えてもらいました。
ゲソ天を自分で切る機械「ハサミ」がお店に設置してある。

ハサミで切ってしまえば真備町「かわはら」のゲソ天ぶっかけのように食べやすく美味しく食べれるはずです。今まで気が付かなかった自分自身が残念です。

うどんの方は,ガシッとした麺でめちゃくちゃ好きです。こんな感じのうどんだったら饂飩探検もどんどん進むのになぁと。
[PR]

by okayamaudon | 2005-04-04 20:10 | ∟備前県民局
2005年 03月 23日

ローソン備前木谷店

食べたうどん:温ぶっかけうどん

2005年一番初めのうどん屋さん。
そろそろうどんのコトも書かないといかんじゃろうと,溜まりに溜まってきたメモを片手に。

「ローソン謹製さぬきうどん」という垂れ幕がかかってるので,一目でこのローソンは他とは違うと分かります。ただこんなところで本当にうどんが食べられるのかは疑います。

自動ドア入ってすぐ左手にミニストップみたいなイートインコーナーがあります。イートインコーナーで注文をするのではなく,レジで会計を済ませます。その前にお品書きを見ておいてトッピングにどんなものがあるか確認していたほうがいいと思います。
一番高いトッピングは「えび天ぷら」で130円です。

それにしても,コンビニのレジでうどんを注文するのはなんだかヘンな感じです。
「温かいぶっかけうどんを1つ。」
待ち時間は店内をうろちょろすると暇つぶしになるかもしれません。

店員さんに呼ばれて取りにいきます。
温かいぶっかけうどんにはネギがトッピングとして乗っているだけです。なんだか寂しいです。
トッピングを何かしら注文しておけば良かったかなぁっと後悔しました。

うどんですが,厨房内をぜんぜん見てなかったので確かなコトはいえませんが冷凍麺でした。出汁はなんだかあっぱれ讃岐のかけうどん出汁を思い出す濃さでどうも好きじゃないです。どうも濃すぎて辛すぎでした。温かいうどんだからなお更そう感じたのかもしれません。

移動ついでのドライブイン感覚ではなく,イートインコーナーで惣菜をオカズにうどんを食べるのがコンビニうどんの一番の活用法だと思います。
都会での一人暮らしでは普通になるんじゃないかなぁと。

コンビニうどんOFF会ってのも面白いかも。

一番値段の安いうどん:かけうどん ぶっかけうどん(温・冷) 190円
[PR]

by okayamaudon | 2005-03-23 00:00 | ∟備前県民局