おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ボーイスカウト( 37 )


2005年 07月 06日

第27回倉敷市こどもまつり実行委員会(1回目)

愚痴……

なんのための“こどもまつり”なん?
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-06 23:56 | ボーイスカウト
2005年 07月 02日

ボーイスカウト岡山連盟第2地区 地区会議

今日はボーイスカウトの地区会議に出席しました。

今回のメイン議題は,
1.第14回日本ジャンボリー参加について
2.平成17年度地区ビーバー交流集会
3.第27回倉敷市子どもまつりについて
以上3件でした。

1.第14回日本ジャンボリー参加について
来年開催の第14回日本ジャンボリー in 石川県珠洲市に参加する派遣隊の指導者と,各団のスカウト参加人員の割り当てについて。

日本ジャンボリーとは,第14回日本ジャンボリー基本実施要領によると,
日本ジャンボリーは,4年を周期に,海外からの参加者を交え全国の代表スカウトが集う我が国最大の国際野営大会です。

今回の参加者人数は22,000人と前回の『13NJ in 大阪舞洲』の20,588人に比べると若干増加はしています。
とは言え,参加対象スカウトである小学6年生~中学3年生の登録人数と比べると22,000人という参加人数では希望する全員が参加できるというわけではないのです。

今日は第2地区に所属する各団に割り当て参加人数を決めました。
1年以上先の話なのでまだ具体的な数ではなく,参加希望者数での概数を。


2.平成17年度地区ビーバー交流集会
7月10日(日)に倉敷芸術村での交流集会についての各団参加申込数の確認と,各種注意事項の確認。全部で100人越えになりました。
今回のメインイベントは備前焼でのコップ作りです。

ビーバー交流集会は毎年第2地区だけで行われている行事で,各団のビーバースカウトとの交流を通して,活動の活性化を目的としています。


3.第27回倉敷市子どもまつりについて
福田公園からライフパークに会場を移しての第1回目なので,どういったコーナー展開をすればよいかを話しました。

ボーイスカウトは主にアウトドアで活動をしていますが,今回は屋内で行われるため本当に試行錯誤の連続になりそうです。広報・活動紹介やらちょっとしたポイントラリーなんかを考えています。
[PR]

by okayamaudon | 2005-07-02 00:11 | ボーイスカウト
2005年 05月 15日

サイクリング&釣り

自転車で児島大畠の海釣り公園まで。
天気も良くサイクリング日和でした。

ただ,最近自転車に乗ることが無かったので,さすがに山越えはしんど過ぎ。
ママチャリで変速ギアも無いので本当にたいへんでした。

日曜日ということもあって釣り客がたくさんいましたが,先発で行っていた隊長によると,釣果の方はいまひとつ。ちょうど干潮あたりで今から満ちてきて釣れるだろうということ。

仕掛けを用意してさっそく第1投目。の前に餌をつけないといけませんが,どうも青虫は苦手です。足多すぎ。

最初の頃はあんまり当たりも無く時間が経っていきましたが,懲りずに投げてるとついに1匹目が…。
10センチにも満たないちっちゃなハゼが釣れました。
子どもたちも釣れてはきましたが,ちっちゃいハゼばっかり。

今日の釣果は5匹のちっちゃいハゼのみでした。

帰りも山越えがしんど過ぎ。


今日の「サッカー日本代表チームチップス」P-08 DF 中澤 佑二
[PR]

by okayamaudon | 2005-05-15 21:00 | ボーイスカウト
2005年 04月 01日

平成16年度岡山連盟第4回ベンチャー集会in明石 3日目

3日目(27日)は朝食をとったあと,閉会式を終えてまたまた各自それぞれの企画にそって,あさぎり寮を出発していきます。
みんな遅くても9時30分頃には出発していきました。

片づけをしたり,会計を済ませたりで僕も出発していきます。
帰りは車に乗せてもらい,淡路島に行くということでまずは淡路ジェノバラインに行きましたが,駐車場が無いのでたこフェリーに変更。

そのまま北淡町震災記念公園に直行。
やけにあっさりしているのは,下見に行っていたことと,そのメンバーが同じだったこと。
まぁ「明石大橋でかいなぁ。」は相変わらず思いましたが。

北淡町震災記念公園に着くと自分のところのベンチャースカウトが一生懸命に見学しているのが外から見えて,少し安堵しました。

野島断層保存館も下見の時に入館したので今回はスルー。
けれどもこの施設は一見の価値あり。本当に地震というものの脅威を実感させられます。

売店でなんか面白いもんないかなぁと見ているとめちゃくちゃ平べったいうどんを見つけました。
といってもこれで500円は高いなぁって買わずじまいです。
他には「びわ」を使った商品が主でした。「たまねぎ」関連はあんまり見ず。

入り口の見えるベンチに座り,来ていることを知らせていないベンチャースカウトを驚かせようと思ってましたが,一向に出てこない。
ぼ~っと待ち続けていると,昨日あった神戸のボーイスカウト達に会いました。2日連続で会うのは何とも不思議な気持ちです。

ようやく出てきたベンチャースカウトは,「来てたん。」といったあっさり感。
所詮そんなもんです。
「一緒について行こうか?」と聞いても,「別にええ。」と返事があるし…。
「まぁさらさらついて行く気なんてないけどな」っと自分に言い聞かせます。

地震というものがどういうものなのかを彼らなりに考える機会としてはよかったと思います。近い将来岡山県も地震の影響を受けないとは限らないので,ここで学んだことを活かしてもらえることが,指導者として先輩としてうれしいです。

別れたあとは,ベンチャースカウトは明石に戻り,こちらは岡山県に帰りました。


ベンチャー集会はただ「ある場所に集まること」だけを指示し,あとは自分たちの企画を実際に実行して,最終的に反省・感想をまとめる。
各自いろんな企画を立てて現地に集合してくるので,僕自身もこんなことがあったのかと新しい発見があったりで本当に面白いです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-04-01 23:51 | ボーイスカウト
2005年 04月 01日

平成16年度岡山連盟第4回ベンチャー集会in明石 2日目

2日目(26日)は夕方に岡山連盟のベンチャーが集合することになっているので,前日泊のベンチャースカウトを見送った後,暇つぶしに親から頼まれていた「いかなごのくぎ煮」を買いに山陽電鉄に乗り「板宿」まで行く。

いかなごが今旬らしくあちこちの魚屋さんで生いかなごが量り売りされていて見ているだけでも面白いがさっさと「いかなごのくぎ煮」を購入して板宿を発つ。
倉敷では感じることができない,商店街が本当に商店街として活気があり,なんだか羨ましい。

この近くに阪神・淡路大震災のときにボランティアにいった鷹取中学校がありますが,如何せん兵庫県の地理が良く分かんないので行きませんでした。今改めて地図を見ると頑張れば歩ける距離だったなぁと。

ボランティアをしつつ暇をみつけて,長田商店街に行ったときの風景は今でも忘れられません。
商店街の入り口アーチだけが目の前にあり,その向こうの方に白い壁の病院がぽつんと建っていて,その間の空き地になってしまった場所を,自衛隊の重機が重い音をたてながら整地している。
見たコトもないですが,空襲があったあとってこんな感じなのかなと思いました。

今年で阪神・淡路大震災から10年。もう10年経ったのかなぁと感慨深いです。この10年で自分自身のボランティア能力というものが成長していると思いたいです。
今回の「平成16年度岡山連盟第4回ベンチャー集会」も阪神・淡路大震災10年目ということで
,そして今のベンチャースカウトが小学校に上がる前の出来事であまり覚えていないことかも知れないので,改めて「地震」を勉強してもらいたいなぁと淡路島にも近い明石市を設定しました。

この行事の企画から当日までの1年間に,新潟中越地震や福岡県西方沖地震,スマトラ島沖地震などが起こりました。ベンチャースカウト達にも今後起こりうる地震に対し,どんな些細なことでもいいので学んで欲しいと思います。

次は須磨浦公園にあるというボーイスカウト遺産「ウルフカブの像」を見に行くことにしました。
ここでは石川連盟のボーイスカウトと会いました。
石川県から,大阪・神戸,京都,長崎を2泊3日で電車を使った旅をしているということです。
来年2006年は石川県珠洲市で日本ジャンボリーが開催されるので,その時にまた会えることを願って別れました。

そのあとは淡路島までサイクリングをしてキャンプをする神戸のボーイスカウトの集団に会いました。
ここにいればあちこちのボーイスカウトに会えそうでなんだか楽しい場所です。

明石に戻り,明石焼をまた食べあさぎり寮に着き,到着するベンチャースカウト達の受付。
電車の乗換えやらでハプニングが起きたくらいで,事故もなくみんな無事集合。

今回のメイン行事は各グループがそれぞれどうやってあさぎり寮に来てどういったことをするのか,各自の企画を発表してもらいました。

各グループそれぞれいろんなことを,例えば淡路島に渡り,野島断層がそのまま展示してある北淡町震災記念公園に行くところもあれば,明石市立天文科学館に行くところなどそれぞれ違ったりで,いろんなことができるんじゃなぁと思いました。

自分自身が作った企画を,自分自身で体験し,そのあとに自分自身の反省・感想をまとめてくれればきっと自分自身のためになるはず。

この日は他に,ベンチャースカウトでは一番上の進級の章であるなかなか所得できない「富士章」を取得したスカウトが皇太子に会いに行くという報告や,ベンチャースカウトのもう1つ上の大学生などが所属するローバースカウトの集会「スカウトムート」の話しをして終了。

なんやかんやで就寝。みんな,なかなか寝んけども…。
[PR]

by okayamaudon | 2005-04-01 23:01 | ボーイスカウト
2005年 04月 01日

平成16年度岡山連盟第4回ベンチャー集会in明石 1日目

3月26日~27日に兵庫県明石市でボーイスカウト岡山連盟の行事「ベンチャー集会」に参加してきました。
ベンチャー集会特別篇では集まる場所をこちらで設定し,そこまでに来る間,そこから次にどうするのかをベンチャースカウト自身が企画し実行する行事で今回が2回目です。

ベンチャーというのはボーイスカウトの部門の1つで,中学3年生~20歳までのスカウトが対象です。ボーイスカウトは小学校1年生からそれぞれの年代に応じた活動をしています。
詳しいコトはボーイスカウト日本連盟で。

っとまぁ自分が所属しているところからも2人の中学生が参加するので行ったというよりも,今回この行事の担当だったので前日から明石入り。

昼前に明石に着いてまずは宿泊先「兵庫県高等学校野外活動センター あさぎり寮」に。
一応人数の確認やら日程の調整等の用事を済ませて,明石駅まで徒歩20分。

明石と言えば玉子焼き(明石焼)を食す。あちこちにお店があるのでどこがいいのか悩まず適当に入る。
明石焼はあっさりと食べれるが,最後の方には飽きがくる。量を半分にして半額にしてくれるとあちこちはしごしまくれるのにと思う。だいたいどこの店も15個くらいで500円くらい。ちょっとおやつの感じで食べるのはコストが高いなぁと。
普通にご飯を食べるにしても倉敷なんかよりも高いのでしょうがないコトなのかも。

もう1店明石焼を食べて,集会で必要なものを購入したりとか準備で明石駅周辺をあちこちと動いた後に,あさぎり寮に戻る。

夕方にやってくる前日泊のベンチャースカウト3人を迎えてあれこれ指示して,そうこうしつつ就寝。
[PR]

by okayamaudon | 2005-04-01 21:55 | ボーイスカウト
2005年 03月 19日

こどもまつりの反省会と検討会

ライフパーク倉敷で行われた「第26回倉敷市こどもまつりの反省会及び平成17年度こどもまつりの検討会」に行ってきました。

毎年倉敷市は11月に福田公園で生涯学習課が中心となり「倉敷市こどもまつり」を倉敷市内の子ども会やガールスカウト海洋少年団ボーイスカウトなどが参加しています。
ボーイスカウトは,暗夜行路をやってみたり,キムスゲームや射的などのコーナーを展開しています。

暗夜行路はなかなか体験できるチャンスもないのか結構評判がいいです。
というよりもオマケのチョコレート目当てかも知れないですが…。

っと,まぁ26年間も同じようなことをしてきたもんで,そろそろ改革が必要なんじゃないかと。
僕自身は今年平成16年度からの運営参加なのでいままでがどんな感じだったのか良く分かりませんが,参加して全体を見てみると,なんだかこどもまつりの趣旨から違ってきてるような気がしました。

倉敷市こどもまつりの趣旨は,
市内の子どもたちが集い,各地区や各少年団体が活動の状況を発表し合うと共に,健全な遊びや体験活動を通して互いに励まし,交流を深め仲良くなるためのおまつりです。
ですが,各自がただ遊んで終わりだけなんじゃないかなぁと。

今会でも反省点で上のような問題や,安全確保の徹底,会場の清掃などがありました。
特に改善しないといけないのは,あくまでも「こどもまつり」である以上,各コーナーはこどもだけの参加で保護者等の大人は遠慮していただく。
それで無くても数量が限定されている工作や食べ物のコーナーで,大人が主体となって参加することによって,参加できないこどもが増えるのはどうかと。

一応,準備会議ではこどもがメインで大人の参加は認めないようにと話しはありますが,いざ大人を前にした状況ではなかなか難しいことだなぁとは思いますが。

他にもいろんな反省点がありました。
それらを考慮してというのか,来年度のこどもまつりは今までとは異なるかもしれません。

以下のことは現段階ではまだ企画案です。

次回平成17年度倉敷市こどもまつりは,会場をライフパーク倉敷に変更し,会議室等を各団体はそれぞれのブース内で各団体の特色を活かしたコーナーを設けるはどうかという提案がありました。

各団体がこの提案を持ち帰って議論することになります。

僕自身は別に構わないことだし,今までとは違うことをやってみることで,更におもしろい行事になればいいと思うし,そう思えるようなコーナーを考えないと。

ただ,今までが屋外でやっていたのが屋内でのコーナー展開。
それにボーイスカウトはアウトドア系の行事が得意だし…。
なんだか難しいなぁっと。楽しくなりそうです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-03-19 00:00 | ボーイスカウト