おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:岡山探検記( 124 )


2005年 09月 23日

岡山県のデジタル放送は?

ちょっと気になっていた岡山県の地上波デジタル放送の開始がいつになるのか検索してみた。

で,どうも社団法人リビングアメニティ協会って所で説明してある地図がおかしいことに気がつきました。

http://www.alianet.org/homedock/tv/3-1.html

岡山県が地図上にないです。
滋賀県も鳥取県も島根県も地図上にないです。

上の4つの県が全部  岐阜県!!
香川県ですら正常に表記されてるのに (ToT)

青森県みたいに何にも書かれていないほうがまだまし…

本題。岡山県は全局開始予定が2006年12月みたいです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-23 21:14 | 岡山探検記
2005年 09月 20日

自動販売機@種松山公園西園地

c0024090_16253230.jpg
手を突っ込めば買えるかも…
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-20 20:49 | 岡山探検記
2005年 09月 19日

奥備中風土記館

奥備中風土記館に行ってきました。
c0024090_237246.jpg

c0024090_22544334.jpg

「なんでモンベルの看板が?」といった感じで,本当にここが奥備中風土記館なのかと疑い,確認しましたが,どうもしっくりきません。

建物に入ってすぐ左にパン屋さんがあり,他にはモンベルの商品がずらりと並んでいました。目当ての生活品が見当たらないので,情報が間違っていたのかと思いましたが,2階へと上がる階段を発見。

その階段を登りきると,目の前に手押しポンプの消防車があったので間違いではなかったと確信しました。
展示場所が広くないので,展示品はあんまり無いです。なんか空スペースがあるから置いてみたといった感じです。
c0024090_2364193.jpg

ここにある民俗資料は町民の方の寄贈で触らないようにと張り紙がしてありました。展示してある農耕具等はさして変わったものは見当たらなかったです。
★ お気に入り ★
1.議員投票箱
c0024090_22545591.jpg

初めて見ました。特に説明文が置いているわけではなかったので,いったいいつ頃のものかは分かりません。
それにしても重厚な造りです。

奥備中風土記館はもともと牛舎だったものを改装したそうです。設計者は丹羽建築設計事務所ってところです。
奥行きがとても長くちょっと違和感のある建物に感じましたが,牛舎だったのだと言われると,その面影はあんまり感じませんでしたが,納得は出来る空間でした。

ちなみに冒頭のモンベルについてですが,サイトを見ると,
営業期間:平成16年12月19日(日)から平成17年3月15日(火)→好評につき延長!しばらくの間営業しております。皆様のお越しをお待ちしております。
営業時間: 10時~18時(火曜日定休)
だそうです。


奥備中風土記館
住:新見市大佐小阪部2240-1
営:
休:
料:無料
サ:
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-19 20:36 | 岡山探検記
2005年 09月 18日

岡山文化観光検定試験

岡山商工会議所岡山文化観光検定試験っていうのを2005年12月4日(日)実施するそうです。

京都商工会の京都・観光文化検定試験と同じですが…。

今回が第1回で3級ということです。
出題範囲が,
歴史、史跡、寺社、庭園、伝統行事、観光資源など岡山に関すること全般
で,全50問の100点満点中70点で合格。

公式参考書として,吉備人出版から「岡山検定」公式参考書が発売されます。この参考書の中から出題されるそうなので,購入しといた方が良いのかもしれません。


費用は,受験料3000円+郵便局払込手数料70円+参考書1260円=4330円(交通費等は含まず。)
だいたい5000円くらいになります。
遊びにしてはちょっと高いような気がしますが,参考書は買ってみようと思います。

申込期間は,
2005年9月26日(月) ~ 10月31日(月)です。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-18 22:40 | 岡山探検記
2005年 09月 15日

どっか

更新日の記録を延ばすためだけのコーナー。
毎日更新できるわけでも無いですが,今週は頑張ろうかと…。

で,苦肉の策。

倉敷市のどっか↓
c0024090_23284354.jpg

夜に行ったら真っ暗じゃし,お化けでそう。

それだけ。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-15 23:30 | 岡山探検記
2005年 09月 13日

源平史跡公園に行ってみた。

今までここに源平史跡があると知っていながら,「じゃけぇなんでぇ。」で存在を無視していた場所に暇で死にそうなので行ってみることに。
近いからすぐに行けると思っているとなかなか行かない。まぁ倉敷チボリ公園みたいなものです。

場所はお化けの出る古城池トンネルの北側。シルバーセンターの建物の脇から種松山の方に向かっていく途中です。だいたいの場所

門柱のように左右に石碑が建っています。
まずは右側。
c0024090_23635.jpg

『此上 源平乃戰 枡型,狼烟台の跡』
写真右手の石碑には,藤戸で敗れた兵士が浦田に追われ,ここから屋島へと向かっていった。で,この浦田には源平ゆかりの史跡が多い。といったことが書かれています。

続いて左側。
c0024090_23133569.jpg

『伝 源平乃戰 琴捨ての藪』

上の写真に見える道には鎖がしてありましたが,勝手に登っていくと,
c0024090_23171230.jpg

c0024090_23162867.jpg

『源平史跡公園』という石碑を発見。
ちょっとした公園になっています。

他にも源平の名が付いた看板等がありましたが,如何せんこちらは無断で入ってしまっているわけで…。

どのように連絡を取れば良いのか分かりかねますが,ちょっと面白そうなスポットなのは間違いなく,近いうちにどうにか公式にこの場所へ再び行ってみたいです。


ってこんな記事を書いていいものか…。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-13 23:21 | 岡山探検記
2005年 09月 03日

玉島であちこち

饂飩探検ついでに玉島を散歩。

1.日陰で涼んでるアヒル
c0024090_23572659.jpg

玉島図書館南の溜川に浮き橋が架かっているので渡ってみると,アヒルが日陰で涼んでいました。水辺にいても暑いものは暑いようです。

溜川はホテイアオイと一緒にゴミが浮かんでいました。玉島は水の街なのにいつも川が汚いのがもったいないです。

2.羽黒神社
c0024090_054396.jpg

玉島の街の中心に位置する神社。ここから玉島干拓の歴史が始まったとのこと。

小さい頃にこの神社に行ったとき,おみくじを引いたら英語が書いてあり,あまりにも意外で衝撃的だったことを憶えています。

3.西爽亭の庭と茶室
c0024090_0185029.jpg

受付の方に説明を受けながら案内をしていただきました。何にも分からないので大変助かりました。ありがとうございました。

西爽亭は備中高梁藩の藩主が宿泊していたところです。玉島は備中高梁藩の飛地。
トイレやお風呂場なんかもあります。

維新史跡としては藩老「熊田恰(あたか)」自刃の部屋があり,天井の白いところはその時に飛び散った血を拭いた跡だそうです。熊田恰って人を知りませんでしたが,家臣150余名の命と玉島の街を戦火から守った人です。

同志社大学の新島襄が玉島に来ていたときに,ここのお風呂を借りてたそうです。
西爽亭のお風呂か,主屋の方か分からないとのことですが,受付の方曰く,殿様でもないので主屋の方でしょうと。

隣の生涯学習施設は主屋を改修して,会議・集会室になっています。昔の梁や柱を使っているので,単なるコンクリートでの集会室よりも気持ちよい感じがします。

4.ヘンな遊具
c0024090_0471178.jpg

港小橋の脇にある公園に,自転車っぽい遊具を発見。
どのように遊ぶのか分からないので,実際に乗ってみようと思いましたが,恥ずかしいので終了。ペダルを漕ぐと回転するのかもしれません。

-----------------------------------------
玉島をちょこっと散歩してみて思ったのは,古い建物がいっぱいあるし,長い歴史があるなぁと。
ある時期から歴史が留まってしまってる感もありますが,このままを生かしつつ,倉敷美観地区には無い魅力をもっと前面に押し出してほしいです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-09-03 00:54 | 岡山探検記
2005年 08月 31日

歴史民俗資料館系メモ

大廻小廻山で迷子になってコンビニにより地図を見直すと,瀬戸町郷土館が近くにあるようなので行ってみました。
c0024090_191895.jpg

が,この日はお休み。

瀬戸町郷土館
住:赤磐郡瀬戸町観音寺567
営:9:00~16:00
休:第2・4日曜日以外 → 第2・4日曜日のみ開館
料:無料
サ:http://www.town.seto.okayama.jp/etcland/kaisetu/work03.html

この郷土館の隣に,少子化で入学者が減少し閉校した神戸女子大瀬戸短大があります。この跡地が2007年創志学園の体育系4年生大学に生まれ変わるそうです。


備前福岡城を見に行ったので,備前福岡郷土館にも寄ってみることに。
c0024090_184298.jpg

が,この日はお休み。
館の屋外に展示してあったケヤキの巨木だけを見学。

備前福岡郷土館
住:瀬戸内市長船町福岡758
営:10:00~15:00
休:土・日曜日以外,年末年始 → 土・日曜日のみ開館
料:無料
サ:http://www.city.setouchi.lg.jp/kankou/spot05_fukuoka.html


開館時間を事前に下調べしておかないと…
[PR]

by okayamaudon | 2005-08-31 01:27 | 岡山探検記
2005年 08月 31日

備前市歴史民俗資料館

備前市歴史民俗資料館にいってきました。
c0024090_0115936.jpg


何か立派な建物です。
1階には「セラミックス室」「企画展示室」,2階には「民俗室」「文芸室」と4つのコーナーに分かれています。

「セラミックス室」は備前焼をはじめとして「焼き物」を中心に古代から現代までを紹介しています。ぎっしりとつまってる感じです。
備前陶芸美術館よりも歴史的な背景を知ることが出来ます。備前焼の展示品はさほど多くないようです。

「企画展示室」では今回「大滝山福生寺‐その歴史と信仰‐」を開催していました。熊山遺跡から南へ山を降りた時になんか立派なお寺があるなぁと思っていましたが,由緒あるお寺だそうです。

「文芸室」は備前市出身の作家などの紹介。作家紹介のチラシを頂いてきましたが,あんまり良く分からないので記憶にも残ってません(^^;

個人的にある意味メインの展示コーナー「民俗室」は入り口から趣向を凝らしていて,古い家から持ってきたと思われる玄関が昭和かそれ以前の雰囲気を醸しだしています。
展示室全体もある意味家屋の中にいるような感じがします。ただ,農耕具や生活品がただただ展示してあるような感じなのがもったいないです。

特別に展示してあった「お歯黒」については,この備前市歴史民俗資料館でしかまだ見たことが無いです。
備前市香登はお歯黒の名産地だったそうです。


★ お気に入り ★
1.山本陶秀作「備前焼手榴弾体」
かつて備前焼作家「山本陶秀」について調べていた時,戦時中,鉄物資が少ないときに軍からの依頼をうけて作成した備前焼の手榴弾があることを知り,ちょっと意外だったので記憶に残っています。

解説文には,戦時中18箇所で備前焼手榴弾を作成しており,備前焼手榴弾の実戦での使用は無かったと書かれていました。

山本陶秀の備前焼手榴弾を見たのがこの資料館が2箇所目で,倉敷市玉島歴史民俗海洋資料館にも展示してありました。

係員に希望すれば撮影が出来たようなので,次回行ったときには撮影をお願いしようかと思います。


備前市歴史民俗資料館
住:備前市東片上385
営:9:00~16:30
休:月曜・祝日の翌日,12月29日~1月3日
料:無料
サ:http://www13.ocn.ne.jp/~rekishi/
[PR]

by okayamaudon | 2005-08-31 00:56 | 岡山探検記
2005年 06月 24日

倉敷市立磯崎眠亀記念館

倉敷市立磯崎眠亀記念館に行ってきました。
c0024090_22551782.jpg

早島町歴史民俗資料館でのイ草勉強のついでに「錦莞莚」を考案した磯崎眠亀を勉強しに。

磯崎眠亀記念館は磯崎眠亀の旧宅を保存修理して今に至ってるそうで,昔の雰囲気を今も残しているっぽいです。昔を知らないので本当はどうか知りませんが…。

展示物は,畳表織機はもちろん,専売特許の免許の紙やら,文書やら畳産業に関するさまざまなモノが展示してあります。早島町歴史民俗資料館の両方を見学すれば何かしら収穫があります。

倉敷市文化財保護課のページに2階には階段ではなくスロープで上がれたそうですが,今回は2階に上がってないので気がつきませんでした。なんだか損した気分です。一度は上がっておかないといけません。

★ お気に入り ★
なんだか中途半端な見学でしたが…。
1.記念館の建物
日本家屋の良さとでもいうのか,外は大変暑苦しい気温でしたが入ってみると空気の流れも良く,土間の影響もあり涼しく感じられました。
コンクリートや合板などで作られた最近の家なんかよりもすごしやすく,冷房等もあんまり必要としなさそうなので,環境面に関しても改めて日本家屋を見直す必要があるかもと。


倉敷市立磯崎眠亀記念館
住:倉敷市茶屋町195
営:9:00~16:30
休:月曜・祝日・年末年始(12/28~1/4)・その他
料:無料
サ:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/bunkahogo/museum/sub2_minkikan.htm
[PR]

by okayamaudon | 2005-06-24 23:30 | 岡山探検記