おかうたん

okautan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:岡山探検記( 124 )


2009年 01月 02日

お城めぐりin高梁市とか。その1

新年早々、お城に詳しい後輩とのお城めぐり。
いろいろとネタを薄く延ばして数回に分けて投稿します。

高梁市~井原市を廻って来ました。

まずは、高梁市成羽周辺です。

More
[PR]

by okayamaudon | 2009-01-02 18:44 | 岡山探検記
2006年 11月 12日

井原鉄道。

井原鉄道の倉敷市内にある全駅制覇!
といっても3ヶ所だけですが…。

画像多いので、

続きはここをクリック。
[PR]

by okayamaudon | 2006-11-12 23:00 | 岡山探検記
2006年 11月 05日

岡山県立博物館

岡山県立博物館に行ってきました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 ○○頁--
参考書を貸してるので手元になかったりする…。

c0024090_2132457.jpg
気候も良いし後楽園は行楽日和w
でも、今回の目的は岡山県立博物館へ。
特に理由は無く待ち合わせの時間までが暇だったのでつい。

c0024090_2191227.jpg
特別展「武士の美と心 -岡山のサムライたち-」開催中。
特別展はざっくばらんにごちゃ混ぜではなく、テーマで統一されているので遊びで入るには少し内容が重過ぎるのが難ですが…。 料金も普段より高いし。

c0024090_21144519.jpg
入場するとちょうど竹内流柔術の演舞中。
真剣が空を切る音は少し怖かった。でもって見てるこちらは刀振り回して大丈夫なのかとヒヤヒヤ。小太刀や棒術、拳術などの演舞は見ていてとても凄い。圧巻。
これだけでも十分だったりするが…。

11月12日(日)は宮本武蔵創始の兵法二天一流剣術
11月26日(日)は甲冑を実際に着て行う初實剣理方一流甲冑抜刀術

実際に腰据えてみると迫力があるなぁと思う。

各展示も面白く、特にゆかりの武将の展示については参考書に載ってたりと復習も兼ねれた。
津山藩の参勤交代の大きな絵図は飽きるぐらいにぎっしりの情報量。
岡山検定のおかげか展示品ひとつひとつが興味深い。
日本刀の鑑賞方法が今だ良く分からないが、まぁ凄いものばかりなのだろう…。

国宝の『赤韋威鎧』、『太刀無銘一文字(山鳥毛)』も見れたし。
実際に見ると文字列も記憶に残りやすい。漢字が書ける気がする。

もう出てくる頃になるとお腹一杯。
[PR]

by okayamaudon | 2006-11-05 22:01 | 岡山探検記
2006年 10月 24日

アッケシソウ

浅口市寄島のアッケシソウを見てきた。
香川県高松市屋島でアッケシソウを見たのが最初ですが、ダイエー屋島店出来てから近づくこともなくどうなったのかアッケシソウの興味も薄らぎ…。

で、ふとしたところから寄島のアッケシソウが紅葉してるとかで行ってみることに。

c0024090_21483274.jpg
三郎島側の堤防脇に駐車場があり、そこから歩いていくと看板を発見。埋立地側へ降りて更に進んでいきます。800mくらい歩けば目的地のアッケシソウ自生地です。
青佐山の方から堤防をあるいても800mだそうです。
c0024090_21512283.jpg
訪れた日は自生地前にテントが張っており受付とアッケシソウのチラシを頂きました。見物客も結構多いです。
c0024090_2153245.jpg
守る会の管理下で周辺の雑草が刈り取られ、年々生息範囲が拡がってるようです。
c0024090_21554816.jpg
なんか変な草。葉っぱらしい葉っぱがなく、ムニュムニュしてる。
c0024090_220111.jpg
水が死んでても構わないのか第2保護区のアッケシソウは成長しています。

絶滅危惧種で本州で唯一の自生地らしいですが…。
[PR]

by okayamaudon | 2006-10-24 22:03 | 岡山探検記
2006年 09月 06日

湯原温泉

湯原温泉に行ってきました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 16頁--

湯原温泉の砂湯初めて。
c0024090_2248179.jpg
一人でふらっと「砂湯に入ろう。」では難易度が高かったですが,今回は地元の人と一緒だったので,見よう見まねでついていくことに。外界から遮断されていない何にもないところで服脱いで入る露天風呂なもんで最初は戸惑いましたが,まぁなんとかなりました。

「美人の湯」⇒「子宝の湯」⇒「長寿の湯」といった順番で温度が熱くなり,イメージとして若い頃はぬるい「美人の湯」,年を取ると熱い「長寿の湯」といった感じで憶えるとOKだそうです。
これで岡山検定に温度の順番が出題されてもバッチリ!

c0024090_22594325.jpg
6月26日露天風呂の日「6.26 発祥の地」の碑も撮影。
[PR]

by okayamaudon | 2006-09-06 23:01 | 岡山探検記
2006年 09月 06日

旧遷喬尋常小学校

旧遷喬尋常小学校に行ってきました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 74頁--

c0024090_23413474.jpg
c0024090_2341453.jpg
白い壁面が美しく,いかにも明治っぽいモダンな建物。
こんな学校で授業を受けていたとはなんとも羨ましい…。

c0024090_044075.jpg
c0024090_23473917.jpg
正面玄関は行ってすぐに鐘が釣ってありました。建物の中全ても歴史を感じる空気で包まれています。

近所の小学生なのか,建物のあちらこちらで見かけました。
c0024090_00182.jpg
2階には趣のある講堂があり,教室より広い空間で子どもたちが元気良く遊んでいました。

まだ小学生にとっての学び舎・遊び場所であるようです。
たとえ頭に『旧』の文字が付いた小学校であっても,このように使用されていることは本望だと思います。

校庭で写真を撮影していると,講堂にあるピアノだと思いますが,特にこれといった演奏とはいえないような音が聴こえてきました。乱雑に弾かれる音が現在も生きているこの建物を引き立てていました。

平成2年まで小学校として使われていて,少し離れた場所に新しい遷喬小学校へと機能を移転したということです。山田方谷が名づけたという校名もまた次世代へと引き継がれています。

隣接している久世エスパスランドは,旧遷喬尋常小学校の校庭だったところに建てられたのだそうな。
[PR]

by okayamaudon | 2006-09-06 00:05 | 岡山探検記
2006年 08月 30日

三郎島キャンプ場

先週末にボーイスカウトで利用した三郎島キャンプ場。

海に近いキャンプ場というか,基本的に砂浜で過ごすことになります。
そのため日陰はあんまりないので,日よけに何かしらあったほうがよいかと。
c0024090_21404770.jpg
管理棟にあたる建物かどうか分かりませんが,「シーサイドハウス・よしつね」が窓口です。よしつねではいろいろな料理もあるようで,うどんもありましたが未食。

c0024090_21475868.jpg
砂浜の長さは900mだそうです。
東は鷲羽山ハイランドや瀬戸大橋が見え,西には岡山県最南の島「六島」が見えます。向かいには香川県荘内半島。夜に予讃線を通る列車が見えた気がしますが気のせいかも…。

c0024090_2149133.jpg
三郎島。3つばかしこんもりと並んでいます。
近く感じるので泳いでいけそうですが,三郎島周囲を取り巻く海流は複雑なため気軽な考えは危険です。現に何人か…。

c0024090_2154327.jpg
干潮になると1本の道が見えてきます。大潮の時ならば約1時間ほど現れるそうです。油断すると帰ってこれなくなるってこともあるかも。

c0024090_21565069.jpg
夜に寄島園地を歩くプログラムをする時に撮影。寄島の町から寄島までの埋立地を一直線に道がつながってます。いつの間にかローソンが出来てました。

駐車場からキャンプ地までに距離があり,多くの装備を持っていくとしんどいかもしれません。ただその分,外界と遮断されているというか静かです。


台風が来ると周囲には何にもないので水位も上がりキャンプどころではないそうです。

水位ついでに,なんでもこのキャンプ場を始めてから50cmほど海面の水位が上がっており,徐々に砂浜が侵食されてるそうです。
南の島の話しだと思ってた温暖化による水面上昇についてもこんな瀬戸内海でもと身近に感じ,またひとつ想うことが増えました。


このキャンプ場は小さい頃からボーイスカウトで利用していて,今ではそう不思議でもなくなりましたが,一番初めにキャンプ場に電源があったので驚いたと記憶しています。


三郎島キャンプ場から一番近いスーパーは「さぬきや(讃岐屋)」。
名前からしてうどん屋さんっぽいのにうどん屋さんではないです。
スーパーなんでもちろんうどんは販売しています。
ついでに映画「UDON」のポスターが貼ってありました。
[PR]

by okayamaudon | 2006-08-30 22:15 | 岡山探検記
2006年 08月 17日

吉備路周辺。

暑すぎるのでちょっとこうもり塚古墳へ涼みに。

ただそれだけではもったいないというか意味がないので,
臨時休館中で行けなかった岡山県立吉備路郷土館へ。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 26頁--
c0024090_0192030.jpg
抜群に面白い感じではなく,淡々と展示してあるのであんまり響くものはなく…。
廃寺関連で瓦の展示がまぁ収穫かなといった感じ。

吉備路郷土館の前に移築された2つの建築物。
【旧山手村役場】
c0024090_0321688.jpg
明治35年から昭和43年までの66年もの間,
山手村役場として使われていたそうです。
【旧松井家住宅】
c0024090_05172.jpg
茶屋として使われていたもので一般的な民家の構造だそうです。

2つの建物とも建物内に入ると結構涼しいです。
こういった家で日中をダラダラとすごしたいものですが,
いざ住むことになって茅葺の屋根を維持していくことなどを考えると,
なかなか問題が多いなぁといった現実的な妄想も…。

【備中国分寺尼寺】
特にこれといった建物が残っているわけでもないので行く機会を持たなかったですが,
散歩がてらの探検。
c0024090_0574966.jpg
(クリックで拡大)
c0024090_115229.jpg
あちらこちらに遺構がありますが,蛇が出そうな雰囲気なのでおそるおそる。

【松井】
c0024090_16307.jpg
(クリックで拡大)
総社3名水のひとつで,残り2つは長良「菊の下水」,上林「臼井」だそうです。
この2つもせっかくなのでいずれ探検を。
c0024090_1125429.jpg


【こうもり塚古墳】
c0024090_1132924.jpg
今回の目的地。
寒いくらいの涼しさで期待通りでしたが,温度の寒さだけではなく,
おどろおどろしい感じの寒さも…。怖くなってすごすごと退散。
涼を取るにも場所をきちんと考えないといけないです。

c0024090_1173160.jpg
春はレンゲで桃色に溢れていた田んぼも,今は稲で一面爽やかな緑色です。


こうもり塚古墳で少々懲りていたので,江崎古墳へ立ち寄るのを忘れました。
まだまだ吉備路で遊べそうです。
[PR]

by okayamaudon | 2006-08-17 01:20 | 岡山探検記
2006年 07月 25日

本:ゆかりの地を訪ねて 山陽新聞社

岡山検定の勉強によさそうだったので紹介。

岡山県にゆかりある人物に焦点をあて,その生涯を訪ね歩き綴った本です。
(正確には岡山県以外にも広島の頼山陽や香川の空海などの話もありますが…。)

岡山検定参考書に載ってるけども,いまいちイメージが湧かずに憶えられない。
そんなときに生涯の流れを通して偉業を知ると分かった気になれます。

上巻は,浦上玉堂や緒方洪庵など13人。
下巻は熊沢蕃山や和気清麻呂など14人。

それぞれの内容も詳しすぎず気軽に読めるので,さらっと知ることも出来ます。
より詳しく知りたい時はその人物だけの伝記を読めば良いのだろうと思います。


ゆかりの地を訪ねて(上)
山陽新聞社 / 山陽新聞社
ISBN : 4881974440


ゆかりの地を訪ねて(下)
山陽新聞社 / 山陽新聞社
ISBN : 4881974882




みんな思い立つと京都へと向っていくようです。
京都にゆかりの地が多すぎ。
京都検定の人たちの大変な理由が分かるような気がしました。
[PR]

by okayamaudon | 2006-07-25 23:50 | 岡山探検記
2006年 07月 01日

昔公園 総社市

総社市街に一味違う公園を発見。
【昔公園入口】
c0024090_2221062.jpg
市政施行30周年記念として造られた公園のようです。

【竪穴式住居】
c0024090_22234075.jpg
弥生時代のものを複製した竪穴式住居。入口には鍵がしてあるため入れません。

【トイレ】
c0024090_22253721.jpg
埴輪の住居のようなトイレ。このような公園でなければ意味が無いデザイン。

【船型埴輪】
c0024090_22315823.jpg
たぶん遊具だと思いますが,特に動きがあるとかは無い様子。

【前方後円墳】
c0024090_22342691.jpg
公園の真ん中で一際大きな前方後円墳。これも偽者。このなかにはタイムカプセルが埋まってるそうです。

【説明板】
c0024090_22383499.jpg
この説明版によると,70年後の市制100周年にタイムカプセルが開かれるそうです。この公園が出来たのが1985年なので,1985+70=2055年に開かれるとなると,あと49年。たぶんその頃には忘れてしまいそうです。



この昔公園東隣にある金光教総社教会を中心としてボーイスカウト総社3団とガールスカウト岡山23団が活動しています。
サイトは,http://wakabascout.fc2web.com/
[PR]

by okayamaudon | 2006-07-01 22:45 | 岡山探検記