<   2005年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

最上稲荷到着

c0024090_2101928.jpg

境内に空飛ぶOH!くん発見。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-31 21:00
2005年 12月 30日

セルフうどんさざなみ_倉敷庄パーク店@倉敷市

『セルフうどんさざなみ_倉敷庄パーク店』
食べたうどん:かけうどん (大)

セルフうどんさざなみ_倉敷庄パーク店に行ってきました。ようやく。

時間帯はお昼時。駐車場がいっぱいでしたが,なんとか駐車完了。
店内もお客さんでいっぱい。

あまりにも寒いので,自分としては珍しく「かけうどん」を注文しました。さすがに冷たいぶっかけうどんは体が冷えて困るのでちょっと無理(^^;

流れに乗ってトッピング。まずは名物ゲソ天,そして今回は久々に「アジフライ」も取ってみました。ほんと久々のお魚系です。

かけうどん(大)+ゲソ天+アジフライで500円以内。なんともお求め安い価格です。

c0024090_2236565.jpg
切ったゲソ天を中途半端に乗せてみました。

うどんですが,表面がヤワヤワで今回は失敗?っと思いましたが,ちゃんとコシはあるのでなんとも不思議な食感でした。

セルフのうどん店に行けば必ずといっていいほど食べていた魚フライ。最近魚フライを取らなかった理由が今回分かりました。揚げ物を食べると体がしんどいようです。ちゃくちゃくと年月は経っているのを実感しました。

今までとはまた違ったさざなみのうどんでした。来年は「さざなみ全店制覇」を目標にうどん探検を続けていきます。今のところは6店舗。来年も増えそうです。

セルフうどんさざなみ_倉敷庄パーク店
住:倉敷市矢部664-1
営:11:00 ~ 20:00
休:
サ:http://www.3373.jp/
一番値段の安いうどん:かけうどん 100円





やこさんの情報にあった「オールナイトうどん」ですが,店内にチラシが張られていました。ただセルフうどんさざなみのサイトの方には載っていないようで,倉敷庄パーク店限定のイベントみたいです。

営業時間は,その場でメモしていなかったので間違っているかもしれませんが,
31日(大晦日)11:00 ~ 1日(元旦)21:00
のようです。

最上稲荷初詣の帰りに寄って,2006年最初のうどんを楽しんできます。
2005年最後のうどんは未定ですが,最上稲荷門前町のどこかのうどん屋さんで食べるような気がします。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-30 22:58 | ∟備中県民局
2005年 12月 30日

梁場山城跡@倉敷市船穂

浅尾藩陣屋跡から日も陰り始めてきていたので,近場のお城へと向かいます。
ケンゾウくんの案内で真備町にある『南山城』へ行ってみました。
ただイマイチ正確な場所が分からなかったので,次の場所『梁場山城』へ。

梁場山城へは案内看板が出ていて,かつて行ったこともあり迷うことなく到着。


ここから前回と今回の写真が入り乱れます。ご注意下さい。


【案内標識看板】(前回)
c0024090_20394986.jpg
道路沿いにこの看板があります。船穂町の「歴史の道」の看板はここにあるものぐらいしか知りません。ハリストス正教会はまだ探検していないです。今後の課題。

【梁場山城址の看板】(前回)
c0024090_2044192.jpg
上の看板にしたがって進んでいくと,分校っぽいところに出てきます。この分校のグラウンドっぽいところにこの看板があります。看板脇を登れと言わんばかりに錆びた脚立が置いてありますが,無理して登らない方がいいと思います。

【神社】(前回)
c0024090_20483455.jpg
この神社の裏に山頂へ行ける斜面があり,登るための鎖がありますが,この鎖も利用しないほうがいいです。脇に迂回して登っていける道があります。
鎖を使って登ると,
c0024090_2051613.jpg
道中に木が倒れていたりと探検している感じは味わえますが,危険です。

【山陽新幹線橋脚と柳井原貯水池】(今回)
c0024090_20531585.jpg
「電チラ」スポットとしてはちょっと大きすぎるかもしれません。

【山陽新幹線橋脚と柳井原貯水池】(前回)
c0024090_20595288.jpg
前回行ったときには,この場所が気に入って新幹線の写真を撮影しようと,岡山テツドウの“すいせい”くんと連絡を取り合って待っていたのですが,この場所から撮影するにはズーム率が高いカメラが必要で,満足できるものが撮れませんでした。

【本丸付近】(今回)
c0024090_215273.jpg
前回は一人だったのと,しかも草が生い茂り進むことも出来ず逃げ帰った場所です。ケンゾウくんの見立てではこの辺りが本丸じゃなかろうか,ということですが冬でも藪が茂り,進入は結構面倒です。

【カラス】(今回)
c0024090_217346.jpg
ふと上を見上げると,カラスがめちゃくちゃたくさん飛んでいました。怖すぎ…。

【扉】(今回)
c0024090_21125462.jpg
本丸(推定)の周囲を張り巡らしているフェンスの1箇所が壊されているところがあります。どうやらこれは扉のようです。ただこの扉を抜けても道はなく,すぐに崖があるような感じなので,ちょっと不思議スポットです。

この梁場山城跡は柳井原貯水池と山の緑も映える景色のいい場所なので,ちょっと手を加えればきっと良い観光スポットになると思います。
不思議な扉もあるし,今後もちょこちょこ探検をしに訪れようと思います。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-30 21:27 | 岡山探検記
2005年 12月 30日

更新メモ

一挙に投稿したので,
ちょっとしたメモ。

1.岡山市御津町 その1 金川城跡
2.岡山市御津町 その2 妙覚寺 
3.岡山市御津町 その3 七曲神社
4.宇甘渓
5.長良山城@総社市
6.浅尾藩陣屋跡

あと少し…
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-30 01:40
2005年 12月 30日

浅尾藩陣屋跡

「倉敷浅尾騒動記」著:角田 直一/ 山陽新聞社 を読んで,一度は浅尾藩陣屋跡に行きたいと思っていたので,ケンゾウくんに案内してもらいなんとか現地に到着。
c0024090_19254.jpg
浅尾陣屋跡見学者用駐車場があるので,自動車で行っても大丈夫です。ここまで来るまでに細い道を通るので,そっちが問題かも…。

【浅尾陣屋跡の碑】
c0024090_1112177.jpg
結構立派なものが建っていました。

【神社】
c0024090_12958.jpg
ここが陣屋の中心だったのかと思いましたが,御本殿は別の場所にあり,今は民家が建っています。

【説明・案内板】
c0024090_1125233.jpg
案内板をみると結構な広さがあるのがわかります。

【復元された土塀】
c0024090_1232331.jpg
現存したものを参考にし復元されています。

【当時の土塀】
c0024090_1251584.jpg
神社から西のほうに歩いていくと,当時の土塀がところどころ残っています。ケンゾウくん曰く,これくらいしか当時のものが残っていないそうです。


「倉敷浅尾騒動記」やその他関連書籍をを読むと,当時の倉敷,特に交通の面に関して,水島から上陸し,倉敷美観地区を過ぎ,浅尾藩陣屋を越え,宝福寺まで辿り着いたのか。そして各自が逃走に際し,どのようなルートを通り,山口県を目指したのか。興味が尽きません。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-30 01:32 | 岡山探検記
2005年 12月 30日

長良山城@総社市

岡山市御津町から吉備中央町を経由し,総社市入り。
ケンゾウの古城探訪のケンゾウくんの案内で,岡山県立大学の南東にある,聞いたこともない長良山城に行ってきました。

【八幡神社】
c0024090_23514663.jpg
この八幡神社があるところに長良山城があったそうです。

【石垣】
c0024090_23533597.jpg
ケンゾウくんが八幡神社の裏の崖を下りだしたので様子を見ていると,この場所に石垣があるそうで,せっかくなので撮影。

【岡山県立大学】
c0024090_23574554.jpg
それだけ。


もう少しこの山を探検。


【案内板】
c0024090_055139.jpg
『石鎚神社・展望台』と書かれています。そのまま矢印の方向に。

【石鎚神社 拝殿】
c0024090_082389.jpg
ちょっとくたびれています。ケンゾウくんが覗き込んでいます。
中には白黒の写真がありました。

【展望台?】
c0024090_092886.jpg
巨石が飛び出しているのでちょっと勇気が必要かも…。
c0024090_0131993.jpg
山がちょっと低いですが,総社市内が一望できます。

【聖蹟】
c0024090_0162934.jpg
石鎚神社の境内の真ん中に,手入れの行き届いた,ひときわ目に付くものを発見。
c0024090_0172951.jpg
『聖蹟』と書かれています。なんでも昭和5年11月にこの辺りで陸軍の特別大演習が開催され,昭和天皇が来ていたそうです。建立は昭和6年1月。
管理も良く,読みやすい文字ですが,書いている意味が良く分からないので,総社史誌でも読んでみます。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-30 00:33 | 岡山探検記
2005年 12月 29日

宇甘渓

臥竜山から離れ,次に虎倉城へと移動しました。
が,雪が積もっていて到底登ることも出来ないだろうと,吉備中央町経由で総社に行くことにしました。
その途中に宇甘渓がありました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 97頁--
c0024090_2318554.jpg
さすがにこの時期の宇甘渓は寂しいです。

【岩屋のかわや】
c0024090_2321575.jpg
c0024090_23223444.jpg
寒さでツララも出来てます。池の鯉も寒いのかほとんど動いていません。

【宇甘渓の岩石】
c0024090_23293414.jpg
宇甘渓に沿って流れる宇甘川の川石が展示してあります。ほんのちょっとした展示物ですが,身近で分かりやすく興味を持つための入口としては最適だと思います。

他にもだんだんと下流になるにつれて丸くなっていく『石ころの旅姿』や,五色砂利など普段見かける代表的な小石の『身近な小石』の3タイプが展示してありました。

どうやら宇甘渓の観光は冬っぽくないようです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-29 23:39 | 岡山探検記
2005年 12月 29日

岡山市御津町 その3 七曲神社

妙覚寺に続いて,お隣の七曲神社もついでに。
c0024090_2273581.jpg

c0024090_2214270.jpg
「はなよ」と呼ばれる秋祭りでは獅子舞が行われます。
御津町では県内外から獅子舞団体が集まる『全国獅子舞フェスタ』というものも開催されるそうです。獅子舞を見た記憶がないのでちょっと行ってみたいです。

【滝善三郎 義烈碑】
c0024090_22182248.jpg
案内板によると,
慶応4年(明治元年~1868),岡山藩兵と外国兵が衝突した神戸事件が起きた。その責任者として滝善三郎は神戸永福寺で外国事務係伊藤俊介(後の博文)等,外国代表の前で割腹自殺をした。
神戸事件を機に攘夷政策から開国和親になったようですが,この碑が建立されたのが,日独伊3国同盟が締結した皇紀2600年(1940年)。そしてこの翌年太平洋戦争が始まる。
(神戸事件についてはWikipediaの『神戸事件』を参考にしてみてください。)

【時世の句】
c0024090_2249542.jpg
写真では読みにくいのですが,義烈碑の裏側には,滝善三郎の時世の句が刻んであります。
-- きのふみし 夢は今更引かへて 神戸が宇良に 名をやあげなむ --
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-29 23:03 | 岡山探検記
2005年 12月 29日

岡山市御津町 その2 妙覚寺 

金川城跡探検に続いて,遊歩道入口付近にあった妙覚寺に行ってみました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 72頁--
c0024090_21234110.jpg

日蓮宗不受不施派の本山。
江戸時代,徳川幕府は不受不施派に対し弾圧を加え廃寺となったが,明治9年(1876)日正聖人により再興。

【難波抱節宅跡】
c0024090_2131554.jpg
難波抱節は幕末の医者で,産科・種痘の先覚者。この場所に思誠堂塾を開く。また嘉永3年(1850)岡山市足守で緒方洪庵に牛痘種法を学び,種痘を施す。安政5年(1958)日本でコレラが大流行し,診療に奔走するも,翌安政6年にコレラに感染し亡くなる。

【梵鐘】
c0024090_21575219.jpg
岡山県重要文化財
説明版によると,
天正十年高松城水攻めに使用され,その後ながく土中に埋まる。のち明治三十八年妙覚寺の有となり県下三鍾の一に数えられる
県下三鐘の残り2つがどこにあるのか気になります。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-29 22:03 | 岡山探検記
2005年 12月 29日

岡山市御津町 その1 金川城跡

ケンゾウの古城探訪のケンゾウくんが帰岡していたので,一緒に岡山県のお城探検。

まずは,岡山検定参考書にも載ってる,『金川城跡』に行ってきました。
--「岡山文化観光検定試験 公式参考書要点整理」/吉備人出版 55頁--
c0024090_20391691.jpg
(クリックで拡大します。)
この看板脇にはポストがあって,「臥竜山自然公園遊歩道案内図」と「臥竜山金川城(玉松城)平面略図」がありました。遊歩道案内図によると山頂までが50分ほどかかるようで,一人で行ったら必ず登らなかったと思います(^^;

本丸跡までは結局30分ほどで到着。
【本丸跡 供養塔】
c0024090_20482732.jpg
【本丸跡 玉松城碑】
c0024090_20493721.jpg
【本丸跡 金川城(玉松城)跡の説明版】
c0024090_20532758.jpg
(クリックで拡大します。)

北の丸や二の丸には行かなかったのですが,隅々まで探検していたケンゾウくんを待っている間に本丸跡近くにあった「天守の井戸」だけ見に行きました。
【天守の井戸】
c0024090_20565343.jpg
【井戸の中】
c0024090_20571729.jpg
周囲が8メートルで,深さは10.5メートルもあるそうです。水は貯まってないようです。

ケンゾウくんによると,金川城は1568年7月7日に落城したので,この地域には『七夕』の習慣がないそうです。
[PR]

by okayamaudon | 2005-12-29 21:10 | 岡山探検記